【画像】たこ焼きを「ガチの適正価格」で販売する店、こんな値段で売ってしまう

 滋賀県草津市に木曜日の夕方にだけオープンし、大行列となっているたこ焼き屋があります。お値段はなんと1皿10円です。店主のあだ名は「げんこつおじさん」。ちょっとおっかなそうな呼び名ですが、子どもたちに大人気です。

午後3時半、香ばしい香りに誘われるように子どもたちの大行列が。みんなのお目当てはたこ焼きです。自慢はその柔らかさ。中はトロトロです。値段はなんと1皿7個入りで10円からという超格安です。子どもたちも…

「めっちゃおいしい、トロトロやんな。おいしい」
「おいしい。先生に言ったらびっくりしてはった」

この店の主が水野晃男さん(52)。あだ名は「げんこつおじさん」です。ひょっとして、食べ残したらげんこつが…?というわけではありません。あだ名の由来が…お代を払うための“拳骨箱(げんこつばこ)”。握りしめたお金を箱の中で払うのがこの店のルールです。

「げんこつおじさん」こと水野さんは普段、栗東市にある道の駅で駅長をしています。去年から仕事が休みの毎週木曜日に、子どもたちにたこ焼きをふるまうようになりました。母子家庭で幼いころ貧しかったという水野さん。ある時テレビで、貧困家庭の子どもたちに安く食事を提供する「子ども食堂」の存在を知りました。自分も何か役に立ちたいと思ったのが、たこ焼きを始めたきっかけでした。

「『子ども食堂』しようかと思うと、なかなか場所的にもスタッフもたくさんいるやろうし。でもいま、何ができるか思ったら、たこ焼き屋やったらできる」(水野晃男さん)

たこ焼きの値段は、子どもでも払えるようにと1皿10円に設定しました。もちろん赤字覚悟。ネギは近所の農家からのおすそ分けですが、タコは自腹です。

「ほんまはこれぐらいの(大きさの)タコを入れてあげたらね、子どもらにね、喜びよるんですけどね。このタコがめっちゃ高いんですよ。だから、おっちゃんのたこ焼きは日本一タコが小さいで言うて、こうやって(切って)ね、こんなタコ入れてるんです。無理して大きいタコ入れると続けられへんし」(水野晃男さん)

営業時間は毎週木曜の午後3時半から5時半まで。10円からという破格のたこ焼きなので最初は不審がられましたが、次第に口コミで広がり行列ができるようになりました。そんな水野さん、たこ焼きを渡す前に必ず子どもたちに声をかけます。

(水野さん)「おっちゃんのたこ焼きのタコは日本一小さいからな」
(女の子)「めっちゃちっちゃい。前、来たことあるけどおいしかった」

(水野さん)「学校おもろいか?」
(男の子)「全然」
(水野さん)「どういうところがおもろないねん」
(男の子)「算数」
(水野さん)「算数がおもんないのか」

たこ焼きを通じてのコミュニケーション。げんこつおじさんは、子どもたちのよき相談相手となっています。実はあだ名となった“拳骨箱”には水野さんの特別な気遣いがほどこされています。

「タオル入れてるんですけどね。お金の音がしないように。お金持ってない子もいますやん。友だち食べんのにちょっときょうはお金がないから言うて、食べられないのもかわいそうやし。拳骨入れて、お金入れるふりだけでもええし。たこ焼き食べてもらえれば」

どんな境遇の子どもも、アツアツのたこ焼きで笑顔にしたい。そんな思いを込めて「げんこつおじさん」はこれからもたこ焼きをふるまい続けます。

「今日は大繁盛でしたね目標は一日でも一回でも子どものたこ焼き屋を長く続けていくことと、僕のこの姿を見て何とかおじさん、何とかおばちゃんが出てきてくれるような、お手本になるような、げんこつおじさんで居続けたいですね」

404 Not Found | MBS News
指定されたURLは存在しませんでした。

 

慈善事業やね…(*´ω`*)

コメント