「僕、韓国人だったんですよ」実は日本人じゃない意外な芸能人たち

多くの外国人タレントが活躍する日本の芸能界。中には、日本人だと思い込まれているが、「実は日本人じゃない」というケースもある。

代表的なのは女優の水原希子だ。彼女は父親がアメリカ人で、母親が韓国人。以前、中国の天安門に向けて中指を立てる画像に“いいね”を押してしまい、中国人から大バッシングを浴びた際、謝罪動画を投稿し、アメリカ国籍だとも明かしていた。

「日本人じゃないと気付いた」

バラエティー番組で大活躍しているお笑いコンビ『ANZEN漫才』みやぞんも日本人ではない。2015年放送の『有田チルドレン』(TBS系)に出演した際、「それまで知らなかったんですけど、僕、韓国人だったんですよ」といきなりカミングアウトした。

スタジオでどよめきが起こると、発覚した経緯を説明。高校生のときに友達と一緒に免許を取得しに行くと、係員からみやぞんだけが「書類が1枚足りない。外国人登録証明書がない」と注意され、日本人じゃないと気付いたという。相方のあらぽんは「思い返すと、みやぞんの持ってくるお弁当にはいつもチャンジャが入っていた」とイジっている。

俳優の新井浩文は、在日3世で韓国籍だ。韓国の芸能ニュースを扱うサイト『WoWKorea(ワウコリア)』では、05年に新井が国籍を北朝鮮から韓国に変えたと報じている。

さらに06年に韓国を訪れた際、「韓国映画で日本語を話す俳優が必要ならば韓国映画に出演する意思がある。次に韓国に来るときには、一回り成長した俳優として韓国人と会いたい」と意気込みを口にしたそうだ。

国の垣根を超え、日本で大活躍をしている外国籍タレントたち。今後も活躍の場がどんどん広がっていきそうだ。

「僕、韓国人だったんですよ」実は日本人じゃない意外な芸能人たち - まいじつ
多くの外国人タレントが活躍する日本の芸能界。中には、日本人だと思い込まれているが、「実は日本人じゃない」というケースもある。 代表的なのは女優の水原希子だ。彼女は父親がアメリカ人で、母親が韓国人。以前、中国の天安門に向け...

 

日本の芸能界にはやけに多い印象。なんでやろ?(;・∀・)

コメント