sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

階段の手すりで遊んでいた児童が転落し障害 「学校の責任、2億円支払え」両親が提訴

   

階段の手すりで遊んでいた児童が転落し障害 「学校の責任、2億円支払え」両親が提訴

階段転落し左半身まひ 児童、相馬市を提訴

◎2億1000万円賠償求める

福島県相馬市桜丘小で2013年、階段から転落し左半身まひなどの後遺障害を負った児童と両親が22日までに、学校側の対策が不十分だったとして、相馬市に計約2億1000万円の賠償を求める訴えを福島地裁に起こした。
訴えによると、13年10月25日午後1時20分ごろ、当時小学3年の男子児童(10)が友人に続いて階段の手すりを腹ばいになって滑り、途中で転落。頭を強く打ち一時、意識不明状態となり、約10カ月の入院治療後も左半身まひなどの障害が残った。現在はリハビリを続け通学している。
原告代理人は「同校は過去に同じような事故が起きていたのに対策を怠った。後遺障害で将来の可能性の一部を失われた精神的苦痛は、本人や両親にとり甚大だ」などと主張。将来にわたる介護費や逸失利益、慰謝料などの支払いを求めた。
学校によると、事故後の調査では過去に同様の事故は確認できなかった。相馬市の担当者は「訴状の中身を確認し、適切に対応する」と話した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160223_63037.html

障害を負った児童は気の毒だけど、記事を読むかぎり学校の責任じゃない。

むしろ親がこんな提訴をしたせいで児童がさらにつらい思いをするんじゃないかと心配にも…

 - ニュース