sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

学校「エアコン買うだけなら1000万で済むけど配電盤工事に8000万かかるぞ?いいのか?」

   

学校「エアコン買うだけなら1000万で済むけど配電盤工事に8000万かかるぞ?いいのか?」

公平であるべきはずの子どもたちの教育環境。しかし、そうではない現実が、この猛暑によって浮き彫りになっています。校外学習に参加していた小学生が死亡するなど、教育現場にも深刻な脅威となっている猛暑。一方で、もはや不可欠とも言えるある設備について、学校によって大きな格差が生じていることがわかりました。

命に関わる猛烈な暑さが続いています。京都市では最高気温38.6度を観測し、統計開始以来初めて7日間連続で38度以上となりました。

危険な暑さの影響で、学校行事にも異変が。20日、全国各地で行われた終業式。

「明日から夏休みです。暑さからも命を守ってください」(校長)

福島市にある小学校では、熱中症対策のため、終業式を予定より1時間半早めて行いました。

熊本市の小学校では、終業式を体育館ではなく、エアコン完備の音楽室で行いました。

「夏休みやりたいことは、お母さんたちと一緒に公園に行くことです」(児童)

猛烈な暑さが続く中、学校では熱中症による救急搬送が相次いでいます。最高気温36.6度を観測した名古屋市の高校では、終業式終了後、女子生徒4人が熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送されました。体育館で行われた終業式には、全校生徒およそ1500人が出席。大型の扇風機などを使っていたものの、エアコンは設置されていませんでした。

危険な暑さが最悪の事態につながったケースも。17日、愛知県豊田市の小学校に通う1年生の男の子が校外学習の後、教室で意識を失い、運ばれた病院で亡くなりました。教室にエアコンはなく、当時の室温は37度だったといいます。

「(校外学習を)9月以降に延期するとか、中止するという判断が、トップダウンで自分がしなかったことに関して、本当に申し訳なく思っている」(梅坪小学校 藪下隆校長)

豊田市によりますと、市内の小中学校の教室のエアコン設置率は0.5%。今後は、当初の予定を早めて、エアコン設置を急ぐということです。

教室にエアコンがある学校はどのくらいあるのでしょうか。東京は99.9%、香川、福井などでも設置が進んでいます。一方、過去に観測史上最高の41度を記録した四万十市がある高知県は19%。19日、校舎内で掃除などをしていた小学生10人が搬送された奈良県は7.4%。豊田市のある愛知県は35.7%と格差があるのが現状です。

東京都内の小学校。体育館で終業式が行われましたが、子どもたちは涼しげな様子です。室温をはかってみると28度。教室だけでなく、体育館にもエアコンが設置されていました。

「外に比べて教室は涼しい。元気に過ごせて楽しいです」(2年生の児童)

「(Q.教室の暑さは?)まあ大丈夫です。たまに、ものすごく暑い日は、ちょっと汗をかく時があります」(2年生の児童)

「暑ければ必ず(エアコンを)つけています。廊下、教室、特別教室も全部」(月島第一小学校 荒川比呂美校長)

一方、18日、最高気温40.7度を観測した岐阜県多治見市では、体育館にエアコンがないため、校内放送を使っての全校集会となりました。日本でも指折りの暑い街ですが、教室のエアコン設置率はなんと0%。保健室や図書室などを除き、全くエアコンがありません。

「授業中暑いし、下敷きであおいだりすると集中できない」(児童)

「エアコンつけてほしいなと、すごく思う。(エアコンがあれば)テストの点数も上がるんじゃないかと思う」(児童)

教室には扇風機が4台。水分補給をこまめに呼びかけるなどの対策で、体調不良を訴える生徒は、ほとんどいないといいますが・・・

「できれば早期に(エアコン)設置をお願いしていきたい」(精華小学校 永冶友見校長)

なぜエアコンは設置されてこなかったのか。多治見市の担当者は・・・

「全部(の学校に)完備すると16億円程度かかる。多治見市では耐震化対策、老朽化対策、他の事業を優先して進めてきた結果、まだ(エアコンの)導入が進んでいない。やはり、予算、マンパワーの問題が大きな課題」(多治見市教育委員会・教育総務課 山本智基課長代理)

エアコンを新設する際には、国から費用の3分の1の補助金が出ますが、残りは自治体が負担しなければなりません。

多治見市民は・・・

「つけたほうがいいと思います。(税金)削るところはいっぱいあると思う」(男性)

「これだけ暑いので、エアコンぐらいいるかなと思う」(男性)

多治見市は設置に向けて動き出しています。

専門家は、「教育現場において、エアコンはぜいたく品ではなく必需品だ」と強調します。

「国のサポートが必要な状況。 お金かけて、エアコンの中で子どもが勉強できる学習環境をつくるべき。(これから)子どもが倒れていくことが、もっと起きるかもしれない。早めに手を打っておくことが大事」(名古屋大学大学院 内田良准教授)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3426497.html

 

所沢や千葉の市長がフルボッコにされてるけど、お金に余裕がない自治体にとっては小中学校の全教室にエアコン設置となるととんでもない費用になるし、当然それは他へしわ寄せがいくわけで(エアコンを使用する期間の短さを考えると)難しい判断なんだろうな。文句言うだけの人は楽でいいけどねw

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット