【悲報】ガッキー主演なのに…「獣になれない私たち」最終回視聴率が悲しい結果に

12日に放送された女優・新垣結衣(30)主演の日本テレビ系ドラマ「獣になれない私たち」(水曜・後10時)の最終回(第10話)の平均視聴率が8・3%だったことが13日分かった。

初回は11・5%でスタートし、第2話は8・5%、第3話は8・1%と推移。第4話はプロ野球日本シリーズが放送延長した影響で午後11時15分放送開始となり、6・7%に。
第5話は8・3%、第6話は10・8%、第7話は8・6%、第8話は9・9%となり、第9話は7・1%。最終回は1・2%アップの8・3%だった。

大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜希子さんが新垣と再びタッグを組み、松田龍平(35)とのW主演で描かれるオリジナル・ラブストーリー。一見、理想的過ぎる女・晶(新垣)と男・恒星(松田)だが、2人とも本音が言えない、感情に溺れられないという「心に鎧をまとった」人生を送っていた。
そんな2人が仕事終わりのビアバーで偶然出会い、物語が始まっていくというストーリーだった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

表示できません - Yahoo!ニュース

 

これはガッキーの無駄遣いやな…(#・∀・)

コメント