sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ガチャを回してメニューが決まる! ガチャで食券を買う「ガチャめし(500円)」が登場

   

ガチャ運任せの「ガチャめし(500円)」が西紀SAでスタート 大当たりの「但馬牛セット」で食堂が拍手に包まれる一幕も

「ガチャを回して出た食券でメニューが決まる」というまさかの発想で注目を浴びた「ガチャめし」が、兵庫県・丹波篠山の「西紀サービスエリア下り線」で8月5日、いよいよスタートしました。

西紀サービスエリアの担当者によると、初日の朝10時から夕方までで、1回500円のガチャが70回以上回されたとのこと。利用者の半分ほどが家族連れで「当たった!」「それ良いやんか!」と盛り上がっていたとか。他にも三重から1人で来たという男性の方や、60代と30代くらいのお母さんと息子さんがそろってガチャを回す光景などが見られたそうです。

また大当たりが出て鐘が鳴ったとき「食堂じゅうが拍手で包まれる」という、思わぬハートウォーミングなシーンもあったとか。夕方までで大当たりの「但馬牛、但馬牛うどん・そばセット(2100円)」が出たのは3組。「これ、ホントに良いの?」「ホントに当たるんだ」「めっちゃおトクやん!」と、歓声があがっていたそうです。

ちなみに何が当たったかは、実際に料理を受け取る段階にならないと分からない仕組み。ただし最低でも600円相当のメニューが当たるため、お客側は絶対に損をしないシステムになっています。ちなみにメニューのランクは4段階に分かれており、排出率は上から順に「A:7% B:10% C:50% D:33%」とのこと。

一方、ネット上でもガチャを回した方々の報告が次々とあがりました。700~800円程度のメニューに留まった人もいれば、中には1200円の但馬牛丼を当てた人も。さらには実際にガチャを回している動画なども投稿されています。

そんなガチャめしが生まれたのは、ある社員の一言がきっかけ。夏季ハイシーズン(※旅行客が集中し、混み合う時期のこと)対策会議の際、「券売機の行列を解消する」「回転率を上げる」という議題でさまざまな意見が出た中、ある社員が「昼飯なんかなんでもいいわ~」と声をあげたそう。

実はここが盲点で、その一言で「何を食べたいか決まっていないお客さんがいる」ことに気づいたとか。そこで彼らをターゲットに「お客さまのなんでもいいわ~を解決する!」 がテーマに。そしてただ単に券を買うだけでなく、「買う」こと自体を楽しめて、夏休みにファミリーで楽しめる要素も盛り込んだ結果、「ガチャめし」が生まれたのです。

この「ガチャめし」は8月31日までで、利用時間は各日10時~21時(売り切れた場合はそこで終了)。領収書も発行可能ですが、返金や商品の返品・変更はできないのでご注意ください(※アレルギーがある方はご相談下さいとのこと)。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/06/news013.html

500円で通常600~2100円の飯食えるなら結構いいよね( ´∀`)bグッ!

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 食事