【テロ】G20に忍者乱入 煙玉を置いて逃走

不審な男 G20サミット会場近くに 発煙物置き逃走

28日、G20大阪サミットの会場近くで警察官が声をかけた不審な男が、煙が出る小さな玉のようなものを置いて逃走しました。けが人はいないということで、警察が男の行方を捜査するとともに詳しい状況を調べています。

28日午後2時半ごろ、大阪 住之江区のサミット会場「インテックス大阪」から600mほど離れた場所で、警察官が地面にしゃがみ込んでいる不審な男を見つけました。

警察官が声をかけると、男は小さな玉を3つ置いて現場から逃走しました。

警察によりますと、置かれていたのは火を付けると煙が出る「煙玉」と呼ばれる花火の一種とみられ、現場では煙が上がるのが目撃されたということです。

煙に有毒性はなく、けが人はいないということです。

逃げた男は年齢が30代から40代で身長は1メートル70センチくらい、灰色の上下のスウェット姿で黒い肩掛けかばんを持っていたということです。

警察が男の行方を捜査するとともに詳しい状況を調べています。

現場のすぐ近くには大型複合施設「ATC=アジア太平洋トレードセンター」がありますが、G20サミットに合わせて28日は休館していました。
「サミット会場近く 驚いた」
現場近くにいた20代の男性は「パトカーがたくさん来ていたので様子を見ると、警察官が集まっていて近くに緑やオレンジの玉が落ちていました。煙などは見えませんでしたが、サミットの会場の近くなので驚きました」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190628/k10011973291000.html

ドローン対策はしてただろうにドロンの方が来るとはw😂😂😂

コメント