【芸能】フワちゃんは2021年も生き残れる?業界内「とっくに飽きられている」

スポンサーリンク

フワちゃんは2021年も生き残れるのか? 業界内では「現在のキャラはとっくに飽きられている」

スポンサーリンク

「ユーキャン新語・流行語大賞」に選ばれた芸人は一発屋で終わる──そんなジンクスに立ち向かうこととなるのが、フワちゃんだ。2020年の新語・流行語大賞では、ギャグなどのフレーズではなく「フワちゃん」という名前がトップ10入りし、まさに2020年のバラエティ界を代表する芸人となった。

「誰にでもタメ口をきくスタイルと、いつでもどこでもスマホで撮影してしまう傍若無人ぶりは、YouTuber芸人という肩書きとともに、世間に受け入れられました。でも、正直そういったキャラクターはとっくに飽きられています。フワちゃんの破天荒ぶりをイジる企画なんてほとんどないし、フワちゃんとYouTubeを絡めた企画もほとんどない。基本的には、普通のひな壇系の女性タレントや若手芸人と同じ並びになっています」(制作会社関係者)

スポンサーリンク

その突飛なキャラクターに対する需要は枯れてしまったといえそうなフワちゃん。このまま生き残ることはできるのだろうか。

「フワちゃんが生き残るために必要なのは、いかに“求められたコメント”ができるかということ。今でいうと、朝日奈央、みちょぱ、ゆきぽよのようになれるかどうかが問題です。朝日やみちょぱの優れている点は、積極的にボケないのに、気の利いたコメントができるということ、そしてイジられたときにしっかりツッコミで返せるということです。

スポンサーリンク

フワちゃんの場合、いまはまだキャラクターに引っ張られていて、求められた立ち居振る舞いではなく、自分のキャラを押し出してしまうことが多い。これだけをやっていては仕事はなくなると思います。完全にキャラを捨てる必要はないものの、いかに個性を潰して、バラエティーのセオリーに入っていけるかが重要でしょう」(同)

実際に、フワちゃんはそういった重宝されるテレビタレントになれるのだろうか。

スポンサーリンク

「2020年にフワちゃんが売れた背景には、コロナ禍でリモート出演が多かったということもあるんですよね。フワちゃんはフリーということで、自由度も高く、いろいろな場所からリモート出演することができた。そして、コロナ禍でテレビの収録が難しい時も、YouTuberであるフワちゃんは自分で素材を作って提供することもできた。そういった状況があったからこそ、フワちゃんへ需要が集中したんです。

でも2021年はそこまで自粛ムードでもないだろうし、制作サイドも様々なノウハウを身に着けているので、フワちゃんのスキルに頼る機会も減ってくるはず。正直、フワちゃんにとってはちょっと厳しい状況が待っていると思います」(同)

スポンサーリンク

強烈な個性でブレイクしたものの、数年後には消えてしまった芸人は山ほどいる。ただ、中には渡辺直美のように独自のポジションを築いた芸人も少なくない。フワちゃんがどちらの道に進むのか──。まさにこれから正念場がやってくる。

https://www.cyzo.com/2021/01/post_264152_entry.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

テレビで飽きられたら普通にyoutuberに戻るだけだろ?😅😅😅

コメント