sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「これの、どこがいけないの」 不登校の妹が書いた『卒業文集』が先生から却下

   

●小学校の卒業を間近に控え、先生から「卒業文集に載せる作文を提出するように」といわれた妹さん。この時、先生は「何を書いてもいいよ」といいました。

●そこで妹さんは、現在通っている適応指導教室のことをテーマにします。元気になれたことや、新しく学んだこと、見つけた将来の夢などをつづりました。しかし、書き上げた作文を見た先生は、妹さんにこういったのです。

「これじゃ載せられない」

●「何を書いてもいい」…以前そういった先生は、妹さんの作文を卒業文集に載せられないと告げました。結局、妹さんだけ作文が掲載されないまま卒業文集は完成したといいます。

●このことを知り、悲しみや憤りを感じたRuchaさん。Twitterに「これのどこがいけないの?」と、先生に却下された妹さんの作文を投稿しました。

●作文につづられていたのは、妹さんの前向きな気持ち。小学校や、不登校になった原因の相手を中傷するようなことは書かれていません。なぜこの作文は卒業文集に載せられないと判断されたのでしょうか。

http://girlschannel.net/topics/1536021

いい作文じゃない!きっと先生はいじめの事実を隠匿したいんやろね(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット