古市憲寿氏「幽霊が出来る事はたかがしれてる」事故物件特集に持論

古市憲寿氏「幽霊が出来る事はたかがしれてる」事故物件特集に持論

社会学者の古市憲寿氏が18日、フジテレビ系「とくダネ!」で、事故物件に関する特集で、幽霊に関する持論を述べ「人間と比べてそんなに怖いわけでもない」と語った。

番組ではワケあり不動産を専門に扱う「成仏不動産」を特集。孤独死や自死などがあった事故物件の値下がり率や、告知義務はいつまで生じるかなどを紹介した。

伊藤利尋アナウンサーから「古市さんは(事故物件は)いい?」と聞かれた古市氏は「仮に、幽霊がいるとするじゃないですか」と事故物件に幽霊が出ると仮定した上で「幽霊に何が出来るかと考えたら、せいぜい扉開けるくらい。幽霊が出来る事って、たかが知れてる」と語り「だから、そんなに怖がらなくてもいいかなと」と持論を語った。

これに小倉智昭は「夜な夜な、あなたの胸にのしかかってくるかもしれない」と言うと、「でも、乗るぐらいならお子さんと一緒に住んでいる人は乗ってくるだろうし。人間と比べてそんなに怖いわけでもないのかなって」と話し、スタジオの出演陣も苦笑していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16334841/

sakamobi
sakamobi

ワイもそう思う。ぶっちゃけ幽霊なんて怖くない、本当に怖いのは生きている人間から恨みを買うこと。生霊ってやつだね😫😫😫

コメント