【悲報】豆柴の大群プロデューサーがハロプロアイドルと不倫

スポンサーリンク

スポンサーリンク

《京都のトロッコ列車でピース》「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサー・渡辺淳之介(37)が元ハロプロアイドルと“お手つき”不倫旅行&半同棲

敏腕Pと人気アイドルの禁断愛を直撃 #1

スポンサーリンク

10月20日早朝、渋谷区の高級住宅地のマンションから1組のカップルが荷物を抱えタクシーに乗り込んだ。

約2週間にわたって同じマンションに出入りしていたものの、決して2ショットにならなかった2人は、この日は一緒にエントランスを出ると、キョロキョロと周囲を見回すなど警戒モード。明らかに“ただのカップル”ではない空気を漂わせていたが、実は男は人気のアイドルプロデューサー。隣の女性は、小学生の頃からアイドルとして活動してきた超ベテラン人気アイドルだ。

2人は乗り込んだタクシー内で顔を寄せ合い、笑みをうかべていた。走ること20分、品川駅で下車すると新幹線に乗車。並んでグリーン席に座り、手にした酒で乾杯したのだった――。

スポンサーリンク

人気アイドルグループのプロデューサーと、元ハロプロアイドル
人気アイドルグループ「豆柴の大群」や「BiS」「BiSH」などのプロデューサーとして知られ、音楽会社である株式会社WACK代表取締役も務める渡辺淳之介氏(37)が、ハロー! プロジェクトの「アンジュルム」元メンバーで、昨年よりアイドルグループ「ZOC」に加入した巫まろ(かんなぎまろ・26)と半同棲していることがわかった。渡辺は既婚者であり、巫とは不倫関係ということになる。2人は渡辺の誕生日直前の10月20日に “お忍び旅行”に出かけていた。

スポンサーリンク

渡辺といえばこれまで数々の炎上商法を仕掛けた敏腕プロデユーサーだ。人気タレント・ファーストサマーウイカの育ての親としても知られている。

「ファーストサマーウイカも所属していた『BiS』は、樹海を全裸で走るPVが話題になった。今でこそ大人気の『BiSH』も、デビューMVではメンバーが馬糞をかけられるなどの過激な演出がなされ賛否をよんだ。過剰演出やそれでおきる炎上は渡辺さんの仕掛けであり、ショーのようなもの。それらは常にメンバーからの信頼があって成立している。

スポンサーリンク

自身が手掛けるアイドルに『結婚しよう』と告白したりして炎上するようなこともあったが、こういった話は全てネタ。実際の“お手つき”は一切なく、仕事一筋の生真面目な男で、誰よりも遅くまで仕事をしていた。約5年前に結婚して子どもも生まれ、世田谷区に家があるが、忙しさのあまり事務所に寝泊りばかりしていて、自宅に帰れないことをいつも嘆いていました」(WACK関係者)

仕事一徹の人間だった渡辺だが、最近どうも様子がおかしいという。前出の事務所関係者によるとその裏に、巫の存在があるという。

スポンサーリンク

巫に入れ込んでしまい、仕事にも支障が…
「渡辺さんが巫との交流が深くなったのは巫が『ZOC』に加入した昨年春以降です。巫が所属している『ZOC』は、アーティストの大森靖子が社長をつとめる『TOKYO PINK』という事務所のアーティストですが、実はこの事務所は『WACK』の親戚のような事務所で、渡辺さんが陰ながら支援している。2つの事務所はビルひとつ挟んだ場所にあり、渡辺さんはどちらにも頻繁に出入りして仕事にもかかわっている。

スポンサーリンク

11月には『BiS』と『ZOC』がコラボしたスプリットシングルの発売が予定されており、一時的に渡辺さんが『ZOC』を担当します。ですが、渡辺さんは仕事に支障がでる程、巫に入れ込んでしまった」(前出)

『TOKYO PINK』社長の大森靖子もブチ切れ
2人の関係は、ZOCメンバーはもちろん、それぞれの事務所スタッフ内にも知れ渡っているという。

スポンサーリンク

「事務所では微妙な空気が春ごろから流れています。たくさんの年頃の少女たちがオーディションに参加してくれるなか、『社長が付き合いのある事務所の“身内の子”と不倫したら示しがつかない』って……。今年8月、大森さんが巫まろを叱り飛ばす『パワハラ音声』が流出しネットで大炎上したのですが、当時、既に巫は『渡辺との仲は事務所も公認だ』と吹聴しWACKの“社長夫人”を気取っており、周囲からも『ありえない』といわれていた。大森さんがブチ切れた根底には彼女の素行の問題があったと思います」(別の事務所関係者)

スポンサーリンク

取材班も10月1日以降、渡辺が別邸として今年3月に購入した「WACK」名義のマンションに出入りする巫の姿を連日、目撃している。

巫も渡辺も自宅に帰ることなく、週のほとんどを別邸のマンションで過ごしていた。渡辺がマンションを出るのは決まって昼前。巫は渡辺が留守の際にもマンションに出入りしていたが、マンション入り口前では決まって周囲を確認する警戒ぶりだった。

スポンサーリンク

旅先ではうってかわって2人は大胆な行動に…
そんな「厳戒態勢」のなかで、決定的瞬間を捉えたのが冒頭にふれた10月20日の旅行だった。

2人は京都で新幹線を降りると、荷物を駅のコインロッカーにいれ、事前に予約していたとおもわれるハイヤーに乗り込み、嵐山へとむかった。

「緊急事態宣言が解除され、観光客がもどりつつある嵐山は、随分活気が戻ってきています。昔から嵐山は修学旅行客はもちろん、芸能人にも人気で、隠れた食の名店やパワースポットも多く、お忍びデートでもよく使われるんです」(地元飲食店員)

スポンサーリンク

嵐山に着いた渡辺と巫は、これまでの警戒ぶりとはうってかわって大胆になった。

他の観光客と一緒に人気スポットである嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車に乗りこむと、2人で仲良く記念写真を撮影。他にも人通りが少ない小道では、手つなぎや、互いの腕を絡ませるシーンも見られた。さらに、京都の名所「渡月橋」付近では、巫はまさかの“大胆な行動”に出たのだった――

《京都のトロッコ列車でピース》「BiSH」「豆柴の大群」プロデューサー・渡辺淳之介(37)が元ハロプロアイドルと“お手つき”不倫旅行&半同棲 | 文春オンライン
10月20日早朝、渋谷区の高級住宅地のマンションから1組のカップルが荷物を抱えタクシーに乗り込んだ。約2週間にわたって同じマンションに出入りしていたものの、決して2ショットにならなかった2人は、この日…
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

同業他社相手にやるのは草😅😅😅

コメント