スポンサーリンク

副操縦士タバコを吸い誤って客室の空調を止め酸素不足になり8000m急降下 中国旅客機

スポンサーリンク
スポンサーリンク

副操縦士タバコを吸い誤って客室の空調を止め酸素不足になり8000m急降下 中国旅客機

中国の旅客機が、飛行中、客室内の酸素不足になるトラブルがあり、機体が約8000メートル急降下する事態になった。

中国の上空を飛ぶ飛行機内の映像では、上から酸素マスクが下りている様子が確認できる。

今月10日、香港から大連へ飛行中の中国国際航空の旅客機が、突然、高度1万1000メートルから、約8000メートル急降下し、乗客が一時、酸素マスクをつける事態になった。

中国の航空当局によると、副操縦士が、飛行中に機内で電子タバコを吸い、煙が客室まで広がるのを防ぐため空気の循環を止めようとしたが、誤って空調を止めてしまい、客室が酸素不足になったという。このトラブルの過程で機体が急降下した。

乗客乗員162人にケガはなかったが、重大な事故につながる可能性もあったことから、中国航空当局が調査を進めている。

中国旅客機が急降下 副操縦士タバコ吸い?|日テレNEWS24
中国の旅客機が飛行中、客室内の酸素不足になるトラブルがあり、機体が約8千M急降下した。中国の航空当局によると、副操縦士が機内で電子タバコを吸い、煙が広がるのを防ぐため空気の循環を止めようとしたが誤って空調を停止、客室が酸素不足になった。

 

ノンエアーチャイナ

コメント