【福島住宅火災】外出中の夫の携帯に「熱いよ」と言って切れた妻の電話。鎮火後の現場に到着し放心状態で立ち尽くす夫

 田畑と雑木林が広がるのどかな集落にサイレンが鳴り響いた。福島県小野町の塩田恒美(つねよし)さん(61)方で21日深夜発生した住宅火災は、焼け跡から7人の遺体が見つかり、幼い子ども4人を含む7人と連絡が取れていない。炎は短時間で燃え広がったとみられ、近所の人らは「火の海で手が付けられなかった。仲のよい家族だったのに」と言葉を失った。

県警田村署によると、塩田さん夫婦と母サクノさん(81)、長女美紀さん(30)と夫(33)、その長男大輝さん(8)、次男大翔(ひろと)ちゃん(6)、長女李帆ちゃん(4)、三男皐大(こうた)ちゃん(3)の4世代計9人が暮らしていた。

隣に住む会田正夫さん(70)によると、21日午後11時ごろ、恒美さんの妻があわてた様子で「助けて」とドアをたたいた。ガラスを破って逃げてきたのか、手は血だらけ。塩田さん方1階から火が出ており、数分後には2階まで燃え広がり「ボーン」という音も聞こえた。会田さんは「昨日、自宅で取れたダイコンを届けに行った時、4人きょうだいの長男は『ただいま』って帰ってきた。あいさつをしっかりできる良い子だったのに……」と悔しさをにじませた。

親族の女性によると、恒美さんの長女から仕事で外出していた夫の携帯に電話があった。「『熱いよ』と言って切れたらしい。火の中にいたのだと思う」。夫は鎮火後に現場に到着し、放心状態で立ち尽くしていたという。この女性は「残された家族は、これからどうしていけばいいのか」と悲しみをにじませた。

近隣住民らによると、恒美さんは子どもの頃から体が不自由で、つえをついて歩いていた。数年前まで縫製会社に勤めていたが、この数年は首の手術をして、自宅で寝ていることが多かったという。

子どもたち4人は仲がよく、自宅近くで自転車や三輪車で遊ぶ姿がよく見られていた。

小学3年の大輝さんは一番下の弟皐大ちゃんが生まれたとき、通っている町立飯豊小学校の校長室のドアをノックして「弟が生まれたの」と誇らしそうに名前などを教えてくれた。橋本幸夫校長(59)がこの日、3、4年生の子どもたちにこのエピソードを話すと、子どもたちは泣きながら聞いていたという。橋本校長は「誰にでもやさしくできる子で、困った同級生を助けてくれた。21日のマラソンでも約1キロを完走したばかりだったのに」と言った。

大翔ちゃんはきょうだいが泣いていると「よしよし」と優しく慰めていた。李帆ちゃんは活発でおしゃべり好きの人気者。皐大ちゃんは人懐っこく、砂遊びのスコップを振り回すなどやんちゃな面も。下の子ども3人が通う保育園の女性職員(50)によると、17日にあった保育園の学習発表会では3人とも元気にステージに立っていた。皐大ちゃんは今月16日に誕生日を迎え、22日に保育園で誕生会を開く予定だった。「今日の今日までみんな一緒にいたのに……」とうつむいた。

美紀さんは週末になると保育園から3人分の毛布を洗濯のために抱えて持ち帰っていたといい、同じ保育園に子どもを通わす女性は「子ども思いで一生懸命なママです」と語った。

現場では、恒美さんの母の友人女性(79)が手を合わせた。「腰が曲がって歩くのが不自由だったが、逃げてほしかった。子どもたちまで犠牲になるなんて」と悔しがった。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

身体が不自由で逃げられなかったのか…かわいそうに。。

コメント