【悲報】福原愛さん、不倫でついに訴えられる

スポンサーリンク

〈略奪し、再婚することを画策し…〉福原愛が不倫相手の前妻から訴えられた

スポンサーリンク

卓球元日本代表の福原愛(34)が、自身の不倫相手・Aさんの前妻・B子さんから慰謝料請求訴訟を起こされていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

福原と5歳年下の商社マン男性との“里帰り”不倫を報じたのは、「女性セブン」昨年3月4日発売号だった。福原は当時、「友達の1人」と釈明し、不倫関係を否定していたが、約4カ月後の昨年7月8日、卓球元台湾代表・江宏傑との離婚を正式発表。一方、AさんとB子さんも同年11月2日に離婚が成立した。福原とAさんはその直後から、福原が購入した約3億円の新居で同棲生活をスタートさせている。

スポンサーリンク

福原へ1100万円の慰謝料を請求
そうした中、B子さんは今年8月5日付で、福原への提訴に踏み切っていた。訴状によれば、不貞行為に対する精神的苦痛として300万円、離婚に対する精神的苦痛として500万円など計1100万円の慰謝料を請求している。

例えば、訴状では、福原とAさんの関係については以下のように記されている。

〈被告はお泊りデートやAが既婚者であることが報道された後も、Aを原告から略奪し、自らと再婚させようとの考えから、秘密裏にAと連絡を取り、被告の自宅にAを招くなどの不貞行為を継続していた〉

また、訴状には不貞の証拠資料として、AさんがB子さんに送ったLINEや、福原がAさんに宛てた“ラブレター”などが添付されていた。

スポンサーリンク

〈原告の精神的苦痛は筆舌に尽くし難い〉
そして、訴状では〈離婚に対する精神的苦痛〉について、次のように締め括られている。

〈被告は、原告からAを略奪し、再婚することを画策し、実際に離婚が成立した。しかも、被告はお泊りデートが発覚し、Aが既婚者であることが大々的に報道され、社会的に非難されたにもかかわらず、これを認識しながらもAと原告とを離婚させた。(略)原告はAと円満な家庭生活を送っていたが、被告により、突如として、学生時代から9年半も寄り添ったAを被告に略奪された。これによる原告の精神的苦痛は筆舌に尽くし難い〉

スポンサーリンク

福原の代理人弁護士は、以下のように回答した。

「係争中の為、今はコメントは控えさせていただきますが、裁判で明らかにしたいと思います」

B子さんの代理人弁護士は、以下のように回答した。

「回答できることは何もございません」

〈略奪し、再婚することを画策し…〉福原愛が不倫相手の前妻から訴えられた | 文春オンライン
卓球元日本代表の福原愛(34)が、自身の不倫相手・Aさんの前妻・B子さんから慰謝料請求訴訟を起こされていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。福原と5歳年下の商社マン男性との“里帰り”不倫を報じたの…
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

こいつ普通にテレビ出てんのすごいよな😨😨😨

コメント