【朗報】冤罪で44年間収監されてたおっさん、無罪と賠償金1億3000万+7400万円を勝ち取る

スポンサーリンク

布川事件、国と茨城県の敗訴確定

スポンサーリンク

1967年に茨城県で起きた「布川事件」で再審無罪となった桜井昌司さん(74)が国と県に損害賠償を求めた訴訟で、計約7400万円の賠償を命じた東京高裁判決が13日までに確定した。国と県が上告しなかった。

スポンサーリンク

布川事件(ふかわじけん)は、1967年(昭和42年)に茨城県で発生した強盗殺人事件である。
犯人として近隣に住む青年2人を逮捕・起訴し、無期懲役が確定したが、証拠は被告人の自白と現場の目撃証言のみで、当初から冤罪の可能性が指摘されており、2009年、再審が開始され、2011年5月24日、水戸地方裁判所土浦支部にて無罪判決が下された。
本事件で再審無罪までにかかった期間は44年であり、これは戦後に起きた事件の中で最長である。

スポンサーリンク

刑事補償請求訴訟
2011年8月29日、2人は水戸地方裁判所土浦支部に、刑事補償法に基づき補償を請求。金額は各人に1億3千万円(12500円×365日×29年)。さらに1審から上告審までにかかった裁判費用の約1500万円を支払う決定を出した。

布川事件、国と茨城県の敗訴確定(共同通信) - Yahoo!ニュース
 1967年に茨城県で起きた「布川事件」で再審無罪となった桜井昌司さん(74)が国と県に損害賠償を求めた訴訟で、計約7400万円の賠償を命じた東京高裁判決が13日までに確定した。国と県が上告しなかっ
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

あまりにもひどすぎる
金があっても虚しい🥶🥶🥶

コメント