sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

藤井五段、羽生竜王を破る 将棋・朝日杯で公式戦初対戦

   

藤井五段、羽生竜王を破る 将棋・朝日杯で公式戦初対戦

 中学生棋士の藤井聡太五段(15)が17日、第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦準決勝で、羽生善治竜王(47)を公式戦初対戦で破る快挙を果たした。同日午後、史上最年少での「棋戦優勝」と「六段昇段」をかけて決勝に臨む。

1次予選から8連勝して4強入りした21世紀生まれの大型新人の勢いは、史上初の「永世七冠」を達成した王者をものみ込んだ。将棋界の歴史に長く刻まれる大勝負となった。

準決勝は東京都千代田区の有楽町朝日ホールで、午前10時30分に始まった。観戦可能な公開対局で、約600人のファンが対局場で熱戦を見守った。もう一方の準決勝は、広瀬章人八段(31)が久保利明王将(42)に勝った。広瀬八段と藤井五段が頂点をかけて決勝を戦う。

藤井五段は昨年、公式戦29連勝の新記録を達成。今月1日には、初参加のC級2組順位戦で一つ上のC級1組への昇級を果たし、中学生で初めて五段に昇段した。決勝を制すると、史上最年少(15歳6カ月)で六段に昇段する。加藤一二三九段(78)が持つ「棋戦優勝」の最年少記録(15歳10カ月)も更新する。

朝日杯は持ち時間各40分の早指し戦。初参加の藤井五段は、1次予選を4連勝、2次予選を2連勝で突破した。本戦準々決勝では佐藤天彦名人(30)を破った。羽生竜王は2年ぶり6回目の優勝を狙ったが、新鋭に阻まれた。(村瀬信也)

〈藤井五段の話〉 本当に難しい将棋だった。最後の最後までわからなかったが、全力で指せた。

〈羽生竜王の話〉 ずっと難しい局面だった。リードを許してからは、追いつくのは難しかった。

https://www.asahi.com/articles/ASL2J7HWCL2JUCLV015.html

スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット