sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】藤井六段、終わりそう

   

【悲報】藤井六段、終わりそう

棋界の大谷!藤井六段、高校入学1勝で七段昇段へ王手/将棋

将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)が10日、七段昇段に王手をかけた。東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準々決勝で、阿部光瑠(こうる)六段(23)に136手で勝利し同準決勝進出を決めた。今月下旬にも予定されている準決勝で勝って決勝に進めば、日本将棋連盟の規定により最年少での七段昇段が決まる。

快進撃を続ける藤井六段が、またも大きな勝利をつかんだ。

対局は阿部六段の先手番で午前10時に開始。互いに5時間の持ち時間を使い切り1分将棋へ突入した。混とんとした形勢の中で、藤井六段は持ち味の“終盤力”を発揮。午後10時40分過ぎ、136手で激戦を制した。

「苦しかった。ミスも出てしまって、最後の最後まで分からない勝負だった」

そう振り返った藤井六段は、4月からの新年度は5日の棋王戦予選(大阪)で白星発進。7日に行われた名古屋大教育学部付属高(名古屋市)の入学式以降では初対局となったが、高校生として2連勝。「ベスト4まで来たので、本戦目指して頑張りたいと思います」と笑顔をみせた。

この日の勝利で、竜王戦5組ランキング戦の準決勝に進出。早ければ今月下旬にも指される、船江恒平六段(30)-石井健太郎五段(25)の勝者との準決勝を突破すれば決勝に進み、4組へ昇級する。昨年の前期に6組で優勝し5組に昇級しており、日本将棋連盟の昇段規定である「六段昇段後の連続昇級」をクリアして、七段昇段が決まる。

藤井六段は今年2月1日に五段に昇段。同17日には史上初めて中学生として全棋士参加の一般棋戦で優勝し、六段に。史上最年少で段位を駆け上がった。七段昇段を果たせば、加藤一二三・九段(78)が持つ17歳3カ月の最年少記録をまたも塗り替える。

師匠の杉本昌隆七段(49)は「想像以上の成長をしているが、さらなる飛躍の一年にしてほしい」と成長を見守る。その師に並ぶ昇段へ、王手をかけた。

★七段への昇段条件

藤井六段は竜王戦5組ランキング戦決勝に進出すれば、4組昇級の資格を得る。昨年の5組昇級と合わせて、日本将棋連盟の定める「六段昇段後の竜王戦ランキング戦連続昇級または通算3回優勝」という七段昇段条件をクリアする。また、七段へのほかの昇段規定として「六段昇段後公式戦150勝」「全棋士参加棋戦優勝」「タイトル1期獲得」「竜王挑戦」などがある。

http://www.sanspo.com/geino/news/20180411/sot18041105030002-n1.html

 

あと一勝すれば七段に昇段してしまう模様(ハヤッ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能