sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

藤井聡太五段、たった16日で終了 史上初の中学生で六段へ

   

藤井聡太五段、たった16日で終了 史上初の中学生で六段へ

藤井聡太五段が史上最年少で公式戦初制覇 六段昇格

将棋の最年少プロ、藤井聡太五段(15)が史上最年少優勝を飾った。第11回朝日杯オープンが17日、東京・有楽町朝日ホールで指され、藤井は準決勝で公式戦初顔合わせとなる第一人者の羽生善治竜王(47)を熱戦の末に撃破。続く決勝でも広瀬章人八段(31)に勝利した。

中学生の棋戦優勝は初めてで、最年少15歳6カ月での棋戦初優勝は1955年(昭30)に加藤一二三・九段(78)が達成した15歳10カ月の記録を63年ぶりに塗り替えた。

今回の優勝で、規定により段位が上がり、藤井は中学生初の六段に。こちらも加藤九段の16歳3カ月を抜き、最年少記録となった。

藤井は決勝後、「大きな結果を残せたのは自信になった。優勝できたことを励みにさらに頑張っていきたい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00128291-nksports-soci

ちょっと恐ろしいくらい強い。ほんとこれからが楽しみ(*´∀`*)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能