sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】フジテレビ、ガチで終わる

   

【悲報】フジテレビ、ガチで終わる

フジテレビ、正月特番が視聴率3%台連発…スタッフの質低下で番組として成立せず

年明けの芸能ニュースのなかでも話題をさらったのが、フジテレビの秋元優里アナとBSフジのプロデューサーによるダブル不倫疑惑だろう。なんと、横浜の竹林と堆肥小屋で車を停めて情事にふけっていたという。

スキャンダルに揺れるフジだが、視聴率低下が叫ばれていることは周知の通り。2010年まで7年にわたって視聴率王者をひた走ってきたが、今や民放5局中まさかの4位だ。最下位のテレビ東京とは、朝・夕・深夜はともかく、ゴールデンタイムでは僅差でデッドヒートを繰り広げており、ときには敗れることもある。

正月特番が視聴率3%台でテレ東にも敗北…

好スタートを切りたかったはずの年始も、フジは無残な結果を残した。

「1月1日の夜から、いきなり他局との力の差があらわになってしまいました。『ウルトラマンDASH・第1部』(日本テレビ系)が16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル』(テレビ朝日系)が19.6%と高視聴率のなか、フジの『ニッポンよ!セカイを倒せ!フジヤマ 日本のNo.1VS世界のNo.1』が3.8%の大コケを喫してしまったのです。

この番組は、室内で空中遊泳を行う『インドアスカイダイビング』やドローンレースなど、日本と世界のチャンピオンが各種目で戦うバラエティですが、裏のテレ東『YOUは何しに日本へ?4時間20分スペシャル!』(7.3%)にもダブルスコアで負けるという惨状です」(芸能記者)

4日に放送された『奇跡体験!アンビリバボー2018 新春3時間SP』も目も当てられない結果になった。1964年の東京オリンピックに向けた首都高建設プロジェクトに挑んだ人々の物語が放送されたが、視聴率は5.7%。裏番組の『プレバト才能ランキング』(TBS系)が13.5%、『秘密のケンミンSHOW新春4時間SP!』(日本テレビ系)は13.8%とハイレベルな戦いのなかでの、この数字。もはや、『アンビリ』はとっくに賞味期限が切れているのかもしれない。

「その後の夜10時からの『もろもろのハナシ~芸能人の街・中目黒 完全攻略スペシャル~』も3.5%。通常は深夜12時25分から放送されている番組ですが、これを年始のプライム帯に持ってこないといけないあたり、フジのソフト枯渇が見て取れます」(同)

番組&番宣手法にTBSからのパクリ疑惑も

ソフトの枯渇という点でいえば、フジの番組には他局からのパクリ疑惑が浮上しているという。3日深夜に放送されたバラエティ『運命の一問』は、芸能人にあるチャレンジを課して1週間でマスターしてもらうチャレンジものだが、業界関係者はこう見ている。

「中身は、かつてヒットした『しあわせ家族計画』(TBS系)と変わりません。この番組は、一般のお父さんが家族がほしい景品獲得のために1週間、ハンドベルや投扇興などを習得し、スタジオで披露するというもの。芸能人だけの特別版もたびたびオンエアされていましたから、ここから着想を得たのでしょう」(テレビ業界関係者)

フジのパクリ疑惑は、番組のみにとどまらない。現在、TBSはCMの合間に挟む番宣の手法として、石井大裕アナが「毎日お疲れ様です! 今夜のTBSは!」などと紹介するパターンを採っているが、フジも今年から木村拓也アナが画面に出て「今夜のフジテレビは!」と告知し始めたのだ。
「これをパクリと見るかどうかは判断しかねますが、十中八九、好調なTBSの手法を見てマネたのでしょう」(同)

選手名の誤字を放置&微妙なお詫び

そんなフジでは最近、表記の誤字が多いという。

「1月10日の『直撃LIVE グッディ!』で、平昌五輪に出場する日本の女子チームパシュートについて解説していたときです。これはスピードスケートの種目で、1チーム3人が縦一列に並んでスケートリンクを6周し、3人目がゴールした時点でのタイムが記録になるというものです。

しかし、出場選手をパネルボードで紹介した際、1枚目では高木美帆の姉の名前を『高木菜那』と正しく表記していたにもかかわらず、それをめくった2枚目では『高木奈那』と誤表示していたのです。しかし、進行役の倉田大誠アナは気づかずに放置。しばらくしてから『漢字が間違っていました、失礼しました』とお詫びしましたが、何が間違っていたのかという説明はありませんでした」(前出の芸能記者)

誤字があったことも問題だが、どう間違っていたのかを口頭あるいはテロップで丁寧に伝える姿勢がなかったことも気になる点だ。

「フジはもうアナもスタッフもダメ」

しかし、問題はもっと根深いところにあるようだ。パシュートのチーム3人は空気抵抗による疲労を避けるため先頭を交代しながら走るのだが、司会の安藤優子から「先頭を代わるときって、何か声かけたりするんですか?」という質問が飛んだにもかかわらず、倉田アナは「やはり何かあると思いますよ」と言うだけで、具体的なコメントはなかった。

「倉田アナも機転を利かせて別のウンチクを言えばよかったのに、『何かある』でスルーするあたり、質の低下が如実にわかる場面でした。さらにいえば、スタッフにも問題があります。本来であれば、出演者からどんな質問が飛んでもいいように、事前に綿密な取材を行い、倉田アナに詳細に伝えておくのが使命なはず。こうした事情に鑑みると、フジはもうアナもスタッフもダメですよ」(前出の業界関係者)

さらに、もうひとつ。

「番組では、この競技の見どころは『3人目のスケートの刃先の最後部がゴールに着くところだ』と紹介していましたが、実際の勝負のカギは『2番目を走る選手にいつ先頭を譲るかのタイミング』といわれているのです。さらには、後ろのチームメイトが前の選手を押して加速させたり、逆に後ろの選手をほかの仲間が引っ張ったりする“アシスト”も重要なポイントになります。そういったパシュートの醍醐味をまったく理解していないスタッフの“浅さ”や探究心のなさはひどいですね」(同)
もはや斜陽産業といわれるテレビ業界だが、フジはひたすら自滅の道をたどっているようだ。今年も、フジの惨状は加速するばかりなのだろうか。

http://biz-journal.jp/2018/01/post_22008.html

フジテレビの中の人がTwitterでイキってた時代が懐かしいね(;^ω^)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能