フジ『めざましテレビ』で炎上特集 → 「炎上の意味間違えてる」と番組が炎上

【簡単に説明すると】
・『めざましテレビ』で炎上特集
・炎上の意味をことごとく間違える
・ネットでは指摘が相次ぐ

2018年12月19日に放送された『めざましテレビ(フジテレビ)』の「ココ調」のコーナーで炎上特集が行われた。
先日の『M-1グランプリ2018』後のとろサーモン久保田を例に出し街で聞いた炎上事件を聞いていくというもの。

とろサーモン久保田の炎上事件までは良かったものの、紹介する炎上がことごとく「炎上」ではなくTwitterでは「意味明らかに間違ってる」、「ただの失敗談じゃん」、「フジテレビさん、炎上の意味間違ってません?」という意見が投稿された。

その内容とは、酒の飲み過ぎで娘に物を買ってあげると言っちゃうものの翌日に忘れる、日焼けを止めるために母のファンデーションを間違って使ってしまった、舞台やっている人が声がしゃがれて炎上という炎上というよりも失敗談。

炎上と言われるものは、友だちに40万円貸して逃げられたお年寄りの話と、Twitterのフォロワーと食事に行ったら相手に逃げられお金が払えずにピンチになった話くらいだろうか。

フジ『めざましテレビ』で炎上特集 → 「炎上の意味間違えてる」と番組が炎上

 

制作過程で一旦ハングルに翻訳してまた日本語に再翻訳とかしてるからおかしくなっちゃうんじゃね?(違

コメント