【神】藤井七段、AIでも6億手読む最善手で渡辺三冠の心を折る「気がついたら敗勢だった」

スポンサーリンク

藤井六段、小2時の「作詞ノート」晒される まさかのラップ調に師匠も驚嘆、スタジオは笑いに包まれる

スポンサーリンク

渡辺明ブログ

棋聖戦第2局。

△31銀は全く浮かんでいませんでしたが、受け一方の手なので、他の手が上手くいかないから選んだ手なんだろうというのが第一感でした。50分、58分、29分、23分という時間の使い方と△31銀という手の感触からは先手がいいだろう、と。

スポンサーリンク

5分くらい眺めたところでは▲79玉で互角はある、▲25銀で決まってたりしないかな、と思ってましたが、読み進めていくうちに▲79玉△46歩は少し悪いのか、▲25銀は△46桂で負けだ、となって28分考えて▲79玉とした時点では「形勢は悪いけど持ち時間の差でひと勝負」という気持ちでした。

スポンサーリンク

△87歩と垂らされたところで「あれ、全然粘れない」となって、あと数手指したら、もう大差になっていました。
感想戦では△31銀の場面は控室でも先手の代案無しということでしたし、控室でも同じように意表を突かれたと聞いて、そりゃそうだよなと納得したんですが、いつ不利になったのか分からないまま、気が付いたら敗勢、という将棋でした。

スポンサーリンク

棋聖戦は0-2、名人戦は1-2という厳しい状況で7月を迎えますが、巻き返せるように頑張りたいと思います。

https://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/c60850ab2fd00def905e39db538a0c5d

スポンサーリンク

藤井七段の打った△31銀はソフトで6億手読まないと出てこない最善手
まさしく神の一手だった模様

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これマジで凄いな
さすが将棋星人😲😲😲

コメント