sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

日本人女性「フランスに行った結果」

   

パリ症候群

https://ja.wikipedia.org/wiki/

発症者の多くは、裕福な家庭に育った20 – 30代の日本人女性である。
小説や映画などによってつくられたイメージに影響を受け、パリでファッション・旅行・メディアなどの仕事に就くことを希望したり
「留学」「ワーキング・ホリデー」のため渡仏した場合が多い。

内的な要因としては、前出の様に胸に描いてきた理想のパリと現実のそれとのあまりの落差
(好例は「絵画のような美しい街並」とのイメージに対する現実の汚れた街並など)に対する当惑や、求める職が見つからない、語学(フランス語)も上達しない、などが重なることである。
典型的な症状としては「フランス人が自分たちを差別している」などの妄想や幻覚を抱く、パリに受け入れられない自分を責める、などである。

現代では「パリにやってきてほどなくののちに生気を失った顔で帰国する日本人女性」は
パリにおける一種の名物ともなっており、日本や日本人とは全く関係のない題材のエッセイに唐突に登場するといったこともしばしばである。

 

夢と現実やなぁ…(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット