【悲報】フランス、カルロス・ゴーンを見捨てる…後継者選びに入る

フランスの自動車大手ルノーが、カルロス・ゴーン容疑者の後継者選びを始めた。

ルノーは13日、取締役会を開き、ゴーン容疑者の2015年から2018年までのルノーでの報酬について、問題はなかったとする社内調査の暫定結果を公表した。

また、不正を認定する十分な情報がないとして、会長兼CEO(最高経営責任者)を務めるゴーン容疑者を解任しないと決定した。

一方、ロイター通信は、ルノーの筆頭株主であるフランス政府が、ゴーン容疑者の後継者選びに入ったと報じた。

複数の取締役が、ゴーン容疑者を解任しないことに疑問の声を上げたという。

FNN.jpプライムオンライン
FNN.jpプライムオンラインは「テレビとの新しい付き合い方」ができるメディアです。FNN28局が総力を挙げ、これまでのテレビやニュースの枠を超えた記事・動画・ライブ配信などのコンテンツをお届けします。

 

一応庇う素振りは見せたけど、庇いきれないのが現実だからな…(;・∀・)

コメント