【悲報】仏サッカー連盟会長「日本人差別のビデオ見てなかったけど、2年前のことでしょ?彼らは心優しい青年だよ」

スポンサーリンク

「ビデオを見てはいなかった」仏連盟会長が日本人差別問題で揺れる2人を擁護「彼らは心優しい青年」

スポンサーリンク

フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長が日本人差別問題で波紋を呼んでいるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマンについて言及した。フランス『Foot Mercato』が伝えている。

両選手はバルセロナの一員として2019年夏に来日した際に、ホテルの一室でPES(海外版のウイニングイレブン)をプレーしようと呼んだアジア人のスタッフに対し、人種差別を伴う侮辱的な発言したとされる動画が流出。5日に両選手がこの事実を認めてそれぞれSNSで謝罪していた。

スポンサーリンク

しかし、デンベレは謝罪をしながらも、非を認めていないことから「言い訳だ」などと非難を浴びている状況に。さらに、6日にはバルセロナのスポンサーでもある楽天株式会社が声明を発表。「クラブに対し、正式に抗議するとともに、本件に関する見解を求めてまいります」とし、7日には株式会社コナミデジタルエンタテインメントが、グリーズマンとのアンバサダー契約解除を発表。ビジネス面でも大きな影響が出る事態となっていた。

ル・グラエ会長はフランス『ル・フィガロ』のインタビューに応対。その内容を『Foot Mercato』が伝えている。

スポンサーリンク

「私はその話をされたが、そのビデオは見てはいなかった。これは2年前のことだ。相応しいことではない。アントワーヌ・グリーズマンを知っていれば心優しい青年だとわかる。ウスマーヌ・デンベレも同様だ」

「彼らは良心があり、オープンで献身的な選手だ。このビデオが与えるイメージからは数千マイルも離れている」

「彼らのことを思うと胸が痛くなる。恐らく私は彼らの元を訪れるだろう」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ed4faebba7d8157035653fb67a91b3107614ab6

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

デンベレは差別に限らずこれまで素行不良で問題になりまくってるんだがw😩😩😩

コメント