【悲報】フットボールアワー不仲だった…後藤「えり足見ただけで腹立つ」若手時代を語る

スポンサーリンク

フット後藤「えり足見ただけで腹立つ」 相方・岩尾と不仲だった若手時代、丸くなったきっかけは

スポンサーリンク

お笑いコンビ、フットボールアワーの後藤輝基(46)が9日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に出演し、相方・岩尾望(45)と不仲だった若手時代を振り返った。

今年で結成21年目を迎え、2003年の「M-1グランプリ」で優勝した経験を持つ人気コンビ。番組では後藤の尖っていた若手のころの話題となった。NON STYLE・石田明(40)から「岩尾さんのことを結構言っているイメージがある」と振られた後藤は、「四六時中ずっといるから全部腹立つねん!えり足見ただけでも腹立つし、今グラス持ったっていうのでも腹立つし。若い時はね」と返した。

スポンサーリンク

そんな「超不仲時代」について、「楽屋でこいつ(岩尾)が時計見て『6時かぁ』って言うたら、(心の中で)思うとけ!って言ったことある」と明かし、「これはひどいよな」と自らにツッコミ。岩尾が右手付近のグラスを左手で取ったこと、右の耳たぶを左手で触ったことにも「なんやこれ!」と、腹が立つほどだったそうだ。

スポンサーリンク

このトークに「見なかったらええわけやん、なんでそんなに見ているの逆に?」と、素朴な疑問を口にした岩尾。これに苦笑した後藤は「常に見ていると思うねん、昔は腹立っていたのが、どんどん笑ける方にいったかな」と、現在の“円満ぶり”をアピールした。岩尾は2005年に後藤がパパになったことに触れ「子どもができて丸くなって優しくなっっていう感じが」と話していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0a057e78b9296b88f4c232725fa81e6d974025d0

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

襟足は浜田が松本に言ってたな昔😂😂😂

コメント