ブラウザ『Firefox』の最新バージョンで使えないアドオン続出! 高速化と引き換えにアドオンの互換性が犠牲に

ブラウザ『Firefox』の最新バージョンで使えないアドオン続出! 高速化と引き換えにアドオンの互換性が犠牲に

【簡単に説明すると】
・『Firefox』最新バージョンが爆速
・新しい技術によって作られたアドオンのみが動作
・旧バージョンに戻す人も

ウェブブラウザ『Firefox』の最新バージョンが公開され、その最新バージョンは今までのものよりも高速化されたことがウリになっている。
バージョン57以降が該当の新バージョンで、「Firefox Quantum」と呼ばれている(ブラウザの名称ではなくプロジェクト名)。

この新Firefoxはブラウザエンジンをイチから作り直し処理速度を2倍にまで引き上げたという。Mozilllaは「Rust」と呼ばれる独自のプログラミング言語を開発し、それにより並列処理を最適化。それによりマルチコアCPUの支援を最大限に引き出せる。

しかし、今までの『Firefox』と大きく設計が異なる事から不便な点も多々出てきている。それは『Firefox』の主要機能であるアドオンの互換性だ。
Firefox Quantumにすると過去のアドオンの多くが動作しなくなってしまう。

Firefox57以降は新技術により作られたアドオンのみが動作する。一部は既に対応しているが、まだ多くのアドオンは未対応。

使えなくなったアドオンはアドオン一覧で無効化されてしまっている。「代わりのアドオンを探す」というボタンがあるがそう簡単に似たようなアドオンが見つかるかと言えばそうでもない。

『Firefox』をメインで使っている人はバージョンを56に戻している人もいるくらいだ。以前のバージョンに戻すのは簡単で、MozillaのサイトよりFirefox 56.0.2をダウンロードしインストールするだけ。最新のFirefox 57は削除する必要なく、別でインストールされる。

アドオンが一通り対応するまで、アップデートを控える人も多いだろう。高速化された新バージョンを取るか、アドオンを取るかである。

ブラウザ『Firefox』の最新バージョンで使えないアドオン続出! 高速化と引き換えにアドオンの互換性が犠牲に
  /*  ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください */  【簡単に説明すると】 ・『Firefox』最新バージョンが爆速 ・新しい技術によって作られたアドオンのみが動作 ・旧バ...

Firefoxはもうしばらく使ってない。スマホとの連携考えるとどうしてもChromeになる。

コメント