【ネタバレ注意】10年前のエヴァ考察厨、ラストを予言していた・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新劇場版エヴァンゲリヲン マリ=安野モヨコ説 エヴァンゲリオン

「真希波・マリ・イラストリアス」とは、ずばり旧エヴァに欠けていた「庵野監督の周りの他者」なのです。

そして、旧エヴァには登場せず、新エヴァにて登場する、決定的な「庵野監督の周りの他者」とは、結婚を経て登場した奥さん、つまり、庵野監督の奥さんである安野モヨコさんをおいて他にはいないでしょう。

「真希波・マリ・イラストリアスというキャラクターは僕には監督の奥さんの安野モヨコに見えてしまう。綾波が庵野の内なる女性であり、母性であり、いわば永遠の女性として庵野の世界を完結させる存在だとするなら、マリはその完結した世界を外側から破壊しようとする生きた現実の女である。」

…ということは、新エヴァのラストはマリとシンジがくっつくという可能生も大いに考えられます。

スポンサーリンク

というより、まず間違いなく、新エヴァではシンジとマリが結ばれるでしょう。

ですから、エヴァンゲリオンがハッピーエンドになるためには、どうしても、本当の他者が必要だった。
庵野監督にとって、安野モヨコさんという奥さんが必要だった。

つまり、新エヴァの 物語の軸となる謎=ヒロイン(シンジの約束の人)は「真希波・マリ・イラストリアス」なのですね(式波・アスカ・ラングレーではなくて)。

従って、Q:真希波・マリ・イラストリアスとは何か?
A:シンジの将来のお嫁さんです。

https://74196561.at.webry.info/201312/article_30.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

すごい😲😲😲

コメント