【悲報】GメールやYouTubeのアプリが有料に

米IT大手グーグルは16日、欧州でスマートフォンやタブレット端末を販売するメーカーに対し、これまで無償提供していた電子メール「Gメール」や地図サービス「グーグルマップ」などのアプリを有料化すると発表した。

アプリの使用をメーカーに強制したと欧州連合(EU)が判断し、制裁金を科したことで、戦略見直しを迫られた形だ。

メーカーへの課金は29日から始める。対象になるのは「Gメール」や「グーグルマップ」、動画投稿サイト「ユーチューブ」、ソフトの検索に使う「プレイストア」など。基本ソフト「アンドロイド」は、今後も無料で提供する。メーカーが支払う使用料金の水準は明らかにしていない。

グーグルが提供するYouTubeなどのアプリ 欧州で有料化へ - ライブドアニュース
グーグルは欧州でスマホなどのメーカーに対しアプリを有料化すると発表した。課金は29日からで、対象になるのはGメールやグーグルマップ、YouTubeなど。アプリをめぐりEUが制裁金を科したことで、戦略見直しを迫られた形だという

 

Googleがアプリの使用をメーカーに強制したと欧州連合(EU)から制裁金を科されたことへの対抗措置。EU以外は関係なし。

コメント