sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】プラモの聖地と呼ばれた店、水没 10万点のプラモ(総額1億円以上)がドロにまみれる(※画像あり)

   

 プラモデル愛好家の俳優、石坂浩二さんも訪れた「プラモの聖地」と呼ばれる店が、岡山県倉敷市真備(まび)町にある。西日本を襲った豪雨で店舗が浸水し、約10万点あった商品は全て水没した。店長は無事だったが、SNSでは全国のファンから心配する声が上がっている。

幹線道路から少し奥まった場所にあるプラモ店「エラヤ」の前に、泥にまみれたプラモやミニカーなどの箱が広げられていた。店長の団迫敬郎(だんさこけいろう)さん(62)がモデルガンを洗いながら「こんな小さいのでも1万円以上するんだよ」と説明してくれた。「売値で総額1億円、10万点以上」という商品が所狭しと積み上げられていたが、全て水没した。

珍しい商品も多く、高値のものでは、スズキの人気バイク「カタナ」の西部警察バージョンの完成プラモ(12万8千円相当)もあった。だが、「コレクターは箱のまま飾るから、ほとんど破棄かな……」。一つずつ丁寧に商品を整理していた。

店は1988年に子ども向けのおもちゃ店としてオープンした。少子化が進み、次第にプラモなどのホビー(趣味)商品が中心に。一度しか生産されない希少な商品などを仕入れるうちに県外からも人が訪れ始め、その品ぞろえと積み上げられた商品の圧巻ぶりからか、全国から問い合わせが来るようになった。

そのうわさを聞きつけた石坂さんが2年前、ロケで店を訪れたことでさらに拍車がかかり、知る人ぞ知る「プラモの聖地」と呼ばれるように。今回の真備町の浸水被害が報じられると、ツイッター上で「どうなってしまったのかと思うと…涙が…」「絶対廃業しないで!」と心配する声が上がった。

石坂さんも、朝日新聞の取材に「(水害の映像を)テレビで見て、場所が頭に浮かび悲しくなりました。あんなにたくさんのプラモデルが水没してしまい残念」と悔やんだ。

再開を望む声は多いが、団迫さんは「ありがたいけど、今はまだなんとも」という。ボランティアなどは受け付けていない。今後、中身が無事なものを洗ってネットで販売する可能性はあるが、「それも来年以降の話。今は見守っていてほしい」と話した。

https://www.asahi.com/articles/ASL7H3V5HL7HUTIL00M.html

 

かわいそうにな…( ;∀;)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット