【悲報】円楽さんが笑点卒業の林家三平を痛烈批判「収録後に芸を注意してきたが全く聞かなかった」

スポンサーリンク

「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身

スポンサーリンク

重鎮がここまで言うのは、相当なダメ男だった?

1月8日、落語家の三遊亭円楽が「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)に出演。話題となった、林家三平の「笑点」卒業について、“確信犯”的に本音を漏らし、視聴者からは「やっぱりね」などと同調する声が殺到してしまったとか。

番組パーソナリティのナイツ・塙宣之が三平の笑点卒業を切り出すと、円楽は「びっくりした」と発言、続けて自分たちには“人事権”はないことを説明、「かわいそうだけどしょうがないね」と、感想を語った。が、そんなありきたりなやり取りはそこまで。

スポンサーリンク

その後、塙が「先日、ラジオのゲストで(三平が)来た時に、円楽師匠は結構声かけて下さってね、『これから落語も頑張れよ』みたいなね、話をしたっておっしゃってました」と、ちょっと“イイ話”モードにいくのかと思いきや、そこから円楽の“本音”が爆発してしまった。

「円楽は塙のエピソードに対して、『なんかこういうライザップ…やってるって言うからね、“体鍛えるよりも芸鍛えろ”って』と本人に話したことを暴露。これにはリスナーも『それな』と一斉に笑ったようです。そして、その後に語った辛辣な内容は、三平が『笑点』からある意味“追放”されたことを示唆しているようでした」(エンタメ誌ライター)

スポンサーリンク

円楽は「だってね、一応収録が終わると『あそこ、こうだよ』とか『ああいう時はこうしなきゃダメだよ』って散々言ってきたの。ところがそれを消化できなかったし、私に言わせると、人の言うこと聞かなかった。簡単に言えば」とまくしたて、ついには「つまりオレを信用してないってことだね。オレを信用しない人間はこっちも信用しないから」とピシャリ。

そして、「生(放送)かこれ。いけねえ!」とも。

スポンサーリンク

「もちろん意識しての苦言でしょう。卒業後もそこまで言いたくなるほどやはり三平さんに対してストレスが溜まっていたことが伺えます。人事権はないと仰ってましたが、そういった圧力というか雰囲気は番組にとっくに充満していたのかと思ってしまいます」(前出・エンタメ誌ライター)

出演最後の「笑点」でも、視聴者から「場を凍てつかせる才能だけはある」「父親のギャグをまんまやってる時点でダメだよね」「ほんと面白くない」など、卒業時にありがちなお世辞もエールはなく、辛らつな声ばかりが目立った三平。さらに円楽からも卒業後に追い打ちともいえる生放送ダメ出し。それにも「その通り」という声が殺到していたという…。はたして当の三平はこうした声にどんな思いでいるのか。ここまで言われたら、発奮してほしいものだ。

「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身 | アサ芸プラス
ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ストレスか病気で痩せたんかと思ったらライザップだったのはほんま草😂😂😂

コメント