【画像】フェンシング世界王者「日本人みたいに1週間寿司食べたら優勝できたw」つり目ポーズパシャw →炎上www

イタリアのパラリンピック車椅子フェンシング選手のエマヌエーレ・ランベルトリーニ(Emanuele Lambertini)が自身のインスタグラムにアジア人を侮辱する際に使われる『slant-eye gesture(目尻を吊り上げたジェスチャー)』の写真を投稿/共有した。

これは彼が参加した日本で開催されたコンペの最中に撮影された写真であり、「1週間寿司を食べ続けた後の気分がこちら、少なくともその価値はあったが」とのキャプションと共に投稿されたが現在はランベルトリーニ氏のインスタグラムから削除されている。

これが投稿されるやいなや、アジア系の人々はこの行為の裏側にある彼の人種差別意識を糾弾、ランベルトリーニ氏の投稿に非難の声が集中した。

中国系アメリカ人の俳優/コメディアンのJimmy O. Yang氏もこの行為に憤慨した一人であり、自身のインスタグラムに「このような行為に対し断固たる態度を取るべし」と投稿し人々に促した。

「目尻を吊り上げるジェスチャーがアジア人を侮辱する行為であることは公然の事実、この手の明らかに無知から来る差別行為は決して容認できるものではない」とYang氏は口にする。

ランベルトリーニ氏に対する批判の波は他のソーシャルメディアプラットフォームにも流入、Twitterのユーザー達は世界的なアスリートが投稿した攻撃的な内容に怒りの声を上げている。

車椅子フェンシングの世界王者、日本人を侮辱する差別的なジェスチャーをして炎上(海外の反応)
パラリンピックの車いすフェンシングでイタリア代表になった選手が日本滞在中に東洋人を侮辱する差別的なジェスチャーをして炎上したことを伝える海外メディアの記事の翻訳。世界王者にもなったパラリンピック選手の無自覚な差別に対する海外の反応。

 

 

パラリンピック車椅子フェンシングの選手らしい。この人自身が障がい者でありながら他者への差別には鈍感ってのは脳筋とはいえ痛々しいわな(;・∀・)

コメント