sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

蛭子能収さん「24時間テレビ」“クズ人間”エピソード

   

漫画家の蛭子能収さん(70)が、7日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。自身の“クズ人間”エピソードを紹介され、赤面する場面があった。

過去に日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ」出演の際、「俺はお金がないから募金はしない」と発言したという“うわさ”の真相について追求されると、「言った気がします。申し訳ないです…」と発言自体を認めた上で、恥ずかしそうな表情で反省の意を述べた。

また、妻の死後2か月あまりで女性マネージャーを自宅に呼び、落ち込んでいるふりをして口説こうとした後、「女性であれば誰でも良かった」と話したという“人でなし”エピソードについても言及。MCで俳優の原田龍二(47)から「本当ですか」と問われると、「すごい寂しくて、(当時は)自○しそうだった」と赤面しながら告白。寂しさゆえにひどい行動をとったと説明した。

さらに、嫌いな人や許せない人がいると、その人を自身の漫画で○すことがあるという蛭子さん。手塚治虫氏が「蛭子を野放しにしていたら、日本漫画界がだめになる」と心配していたと言われているほどだという。

コーナーの最後には、MCのミッツ・マングローブ(43)から、「さびしいなら、私が(相手にして)やったのに」と冗談交じりに言われると、蛭子は「それはちょっと…」と答え、ミッツは「すごい、私、蛭子さんにふられた…」と笑いながら話した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15273229/

 

クズでもいいじゃない、人間だもの(*´∀`*)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能