【正論】シャドバ優勝者「eスポーツは観客全員が楽しめる、オリンピック種目にすべき」

国内のeスポーツ大会では史上最高額となる優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)をかけた世界大会が15、16の両日、幕張メッセ(千葉市)で開かれた。
初めて大台を突破する決勝の舞台は観客の興奮に包まれ、「eスポーツ」が流行語になった2018年の締めくくりにふさわしいビッグイベントとなった。

大会は、世界的に人気のデジタルカードゲーム「シャドウバース」を使用。
今年発足したプロリーグ「レイジ シャドウバース プロリーグ」の成績上位者やオンライン予選から勝ち進んできた国内外の有力選手計24人が参加。
初日は予選8回戦を行い、上位8人が翌日の決勝トーナメントを戦った。

優勝は、1日10時間超の練習を誇る、よしもとLibalent(リバレント)所属のプロ選手「ふぇぐ」選手(日本。本名、年齢など非公開)。
アメリカの「ポットウォッシャー」選手との決勝は、一進一退の攻防の末、2対2で迎えた最終第5戦を、ふぇぐ選手が僅差で逃げ切った。

表彰式後の記者会見で開口一番に「マジでうれしい!」と叫んだふぇぐ選手。「試合を見てもらった通り、(eスポーツは)観客全員が大声を出して共感できる楽しいもの。徐々に土台を作って、今後(オリンピック種目に)なったらいい」と語った。

賞金の使い道を聞かれると、「壮大すぎて分からないが、とりあえずマンションを買いたい」と笑顔で話していた。

ついに出た! 優勝賞金1億円超のeスポーツ大会 : トピックス
 国内のeスポーツ大会では史上最高額となる優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)をかけた世界大会が15、16の両日、幕張メッセ(千葉市)で開かれた。初めて大台を突破する決勝の舞台は観客の興奮に包まれ、「eスポーツ」が

 

最近各競技で問題になってるけどフィジカルスポーツはジェンダーレスの時代に合わない。これからは性差のないeスポーツやマインドスポーツが一気に盛り上がってくると予想。

コメント