【悲報】eスポーツ選手、生活習慣病に悩まされていた・・・

スポンサーリンク

eスポーツ選手襲う負傷、肥満、糖尿病…新連盟が取り組み約束

スポンサーリンク

対戦型競技ゲーム、eスポーツのプレーヤーらは手首の負傷をはじめ、肥満症、ストレス、糖尿病など、さまざまな症状や病気に悩まされており、eスポーツ業界の健康基準をめぐる懸念が増大している。こうした状況を受け、新たに設立された国際連盟がこの問題に対処することを約束した。

スポンサーリンク

eスポーツは成長が著しく、ゲーム市場調査会社ニューズー(NewZoo)によると、2020年の同業界の収益は11億ドル(約1200億円)に達すると予測されている。しかし今年6月、eスポーツの世界的プレーヤーで、本国の中国で絶大な人気を誇っていたUziこと簡自豪(Jian Zihao)さん(23)が引退を発表し、eスポーツ界に激震が走った。

スポンサーリンク

中国メディアによると、1997年生まれの簡さんは、オンライン対戦ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」のスター選手と評されていたが、「慢性的なストレス、肥満、不規則な食生活、夜更かしやその他の理由」から、2型糖尿病を発症したことを明らかにし、さらに手の故障も抱えていた。

スポンサーリンク

だが、簡さんのケースは決して珍しいわけではない。米オステオパシー協会(American Osteopathic Association)によると、プロ選手になると、1分間に最大で500もの動作を行い、1日に何時間もの練習を積む。

スポンサーリンク

オステオパシー協会が2019年に発表した報告書は、eスポーツは「本質的に座りっ放し」であるため、選手たちが「首、背中、上肢などの筋骨格系の外傷」を負う可能性が高くなると指摘するとともに、ゲーム依存症や社会的行動障害をめぐる懸念についても警告している。

スポンサーリンク

eスポーツに対して警鐘が鳴らされるのは、今に始まったことではない。eスポーツは、人気が急速に広がっているにもかかわらず、スポーツ界の主流派からは賛否両論をもって迎えられている。

スポンサーリンク

五輪に参入する試みは、これまでのところ難航しているが、その理由としては、競合する企業間にまとまりがないこと、ゲームの性質がしょっちゅう変わること、ゲームをスポーツの一種と見なせるかどうかをめぐる根本的な問題などが挙げられている。

スポンサーリンク

■寄せ集めでまとまりに欠けるeスポーツの管理体制
中国ゲーム大手の騰訊控股(テンセント、Tencent)の支援を受けて新たに設立された組織「グローバルeスポーツ連盟(GEF)」のクリス・チャン(Chris Chan)会長は、信用が問題の一つとなっており、健康と福利も配慮が求められる領域の一つだと指摘している。

スポンサーリンク

チャン会長によると、12月に設立され、シンガポールに本部を置くGEFは「総合的な健全性」に重点を置いており、組織の取り組みを指導する「教育・文化・健康」委員会をすでに立ち上げたという。

スポンサーリンク

コーチ陣が、選手の健康に配慮する場合ももちろんある。eスポーツは2019年、東南アジア地域の多種スポーツ選手権大会「東南アジア競技大会(Southeast Asian Games)」で初めて正式競技に採用されたが、この大会に先立ち、多くのチームが身体運動を日常的なトレーニングに組み込んでいた。

スポンサーリンク

だが、さまざまな企業団体の間に競争が生じている結果として、プレーヤーの健康から不正行為までの重要な問題が十分に対処されないままになっていると、チャン会長は指摘。「それぞれが別々の方向に向かおうとしている」として、「フェアプレーや選手の健康面のことなど、さまざまな問題に誰も対処しようとしていない」と述べた。

スポンサーリンク

eスポーツのガバナンス(管理体制)は依然として寄せ集めでまとまりがなく、GEFにも韓国に拠点を置く国際eスポーツ連盟(IeSF)などの競合団体が複数存在する。

ニューズーのeスポーツ部門を統括するリーマー・リートケルク(Remer Rietkerk)氏は、GEFは、ゲームメーカー大手テンセントの支援を受けている唯一の団体なので、なおさら、eスポーツの主要な連盟と見なされるための「重大な」課題に直面していると指摘した。

スポンサーリンク

テンセントは、「リーグ・オブ・レジェンド」の開発元の米ライアットゲームズ(Riot Games)を傘下に置き、大規模な競技大会を支援し、多くのゲームメーカーにも投資している一方、GEFはまだ他のゲームメーカーと協定を結んでいない。

スポンサーリンク

リートケルク氏は、AFPの取材に「本当に有意義な、世界規模の協調を獲得するには、メーカー各社からの積極的な参加が不可欠だ。あらゆる種類のイベントや収益をもたらす放送の開催に対して賛成か反対かを表明できるのは、メーカー各社だからだ」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/de16b6a9adc0040194427f89dbf677db1e2dd9cc?page=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

なんか、エナジードリンク系の会社がスポンサーになったりもして、それが糖分たっぷりでさらに拍車をかけてるらしい😰😰😰

コメント