【IT】個人情報を収集しない検索エンジン「DuckDuckGo」の利用者が急増中

グーグルやフェイスブックなどから個人情報の流出が相次ぐなかで、注目が高まるのが、プライバシーを一切収集しないことを売りとする検索エンジンの「DuckDuckGo(DDG)」だ。

DDGの10月11日のアナウンスによると、一日あたりの検索回数は3000万件に達し、昨年から50%の増加を遂げたという。

「DDGの創設からデイリー検索数の1000万件突破までには、7年の時間が必要だった。その後の2年間で2000万件になり、それから1年足らずで3000万件を達成できた」と運営元は感謝のツイートを、#ComeToTheDuckSideのハッシュタグを添えて投稿した。

3000万件という数字は、グーグルの一日あたり35億件の検索数に比べればわずかなものだ。しかし、グーグルの検索ボリュームのシェアは2017年8月以来、減少に転じている。

DDGの運営元は同社のシェアが増加した理由について言及していない。しかし、ツイッターでダイレクトメッセージの漏洩が報じられた際に、DDGのツイッターアカウントはBBCの記事をリツイートし、「SNSのプライベートメッセージは、暗号化されていない限り、完全に安全とはいえない」と警鐘を鳴らした。

利用者が急増中 個人情報を収集しない検索エンジンに注目集まる - ライブドアニュース
個人情報を一切収集しない検索エンジン「DuckDuckGo」が注目されている。同社は11日、一日あたりの検索回数が3000万件に達したことを発表。同エンジンには個人を追跡する機能がなく、個人のデータを保管しないという

 

世界的に個人情報保護の問題が取り上げられるようになってきた。顔認証にも批判的な声が上がってるしね。

コメント