童謡の歌詞に隠された真実を考察した結果、面白こわすぎる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「あんたがたどこさ」←この歌の恐ろしい真実wwwwww

時は1868年、戊辰戦争時の川越藩(現在の埼玉)にて

ガキ「あなたたちどこから来たの??」

官軍兵士「肥後さ」

ガキ「肥後のどこなの?」

官軍兵士「熊本だよ」

ガキ「熊本のどこ?」

官軍兵士「船場って所だよ」

ガキ「せんば?こっちにもせんば(仙波)があるよ!」

官軍兵士「!?」

ガキ「仙波山には仙波東照宮があって、そこには狸親父の家康様が祀られてるんだよ!これからあなた方は徳川の狸を殺しに行くんだろ?」

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これが現実ってマジなの?
ちなみに川越には仙波山という地名があって、そこには仙波東照宮がある😲😲😲

コメント