40歳女性「旦那のことを愚痴っていたり、言うことを聞かない子どもを鬼の形相で叱りつけたりしている友人たちを見てこうはなりたくないな」と独身でいることを決意

憧れの女性はみんな独身子なし。40歳の私もこのまま突っ走っていい?

好きな仕事に没頭し充実した毎日を過ごしているうちに、気づけば“いい歳”に。昨今そんな女性は多いと思いますが、柳原園子さん(仮名・40歳・映像制作会社)もそのひとり。

「結婚願望がなかったわけでも男っ気がなかったわけでもないんですけど、20代はヘビーな不倫にハマり、その反動で30代は複数人の男性とちょいちょい遊ぶライトな恋愛を楽しみすぎ、結婚から遠ざかってしまっていたんですよね」

何にも縛られず、自由に仕事や恋愛を楽しみたい

そんな柳原さんが将来について真剣に考えたのは、37歳のとき。その頃仲のいい友人たちが出産ラッシュだったため、「自分も出産をするならそろそろ結婚を考えないとマズいんだろうな」と気づき、どういう道を選ぶべきか自己分析してみたといいます。

「その結果、『私は結婚も出産もしない』という答えに辿り着きました。自分のこれまでの生き方や性格を考えると、結婚や育児に縛られず自由に仕事や恋愛を楽しむほうが絶対に向いているなと。

『自分のペースも他人のペースも尊重し、常に笑顔で生きる』がモットーなので、帰りが遅く家事を手伝わない旦那のことを愚痴っていたり、言うことを聞かない子どもを鬼の形相で叱りつけたりしている友人たちを見るにつけ、言い方は悪いですけど『自分はこうはなりたくないな』って思ってましたしね」

生き生きとしている歳上の独身女性たちに憧れ

さらに、憧れの年上女性がみんな“独身子なし”というのも、柳原さんを勇気づけたとか。

ハワイ「おもに仕事で出会ったアラフォー&アラフィフの人たちなんですけど、みんな自分の時間をフルに使って仕事も趣味もいろんなことに挑戦していて、本当にチャーミングで生き生きとしてるんです。

全員ではないけど彼氏がいて恋愛も楽しんでいるし、『いずれ友人が所有する一軒家をリフォームして独身仲間で一緒に暮らす』とか『ゆくゆくは移住した友人が多いハワイに拠点を移して余生を過ごす』とか、リタイア後のプランもそれぞれ素敵。独り身でもまったく悲壮感はなく、『こうなりたいな』と素直に思えるので、自分もその路線を突っ走ることにしたんです」

充実した日々の中、時々感じる「不安」の理由

そう決めてからの柳沢さんは、ますます仕事にまい進。趣味のライブやフェス、アート系イベントなどにも積極的に出かけ遊び倒し、出会いがあれば恋愛も楽しみ、さらに充実した毎日を過ごしているそう。ただ……。

自由「先日、ついに40歳になりまして。既婚の友人たちが『もう出産は体力的に無理』とか『二人目が欲しいけど年齢的にのんびりしていられないから不妊治療始めた』とか言っているのを耳にするたびに、いよいよ出産のリミットが近づいてきたんだなと感じ、なんだか不安になってしまうんです。

『いつか家族を持たなかったことに孤独を感じ後悔するときがくるのでは?』って。私は『独身仲間で共同生活をする』みたいな老後のプランをまだ具体的に考えていませんしね」

自分のような凡人が、ひとりで生き抜いていけるのか

また、「そもそも憧れの年上女性たちと自分には大きな差があるのでは?」と考えてしまうことも増えたとか。

「自分で会社を立ち上げているとか、専門分野で世間に名を成しているとか、彼女たちはみんなハイスペック。一生食いっぱぐれない自信があって、支えてくれるスタッフや同志が周りにたくさんいるから、自分の人生に迷いがないのかなって。すでに迷いがある自分のような凡人が、このままひとりで生き抜いていけるのか、眠れぬ夜などについつい考えてしまうんです」

それならば、いまから結婚→出産という道に路線変更しても間に合うのでは……と思いますが、「年齢的にギリギリなので焦って精神的に追い込まれたり判断を誤ったりしそうだし、自分の性格的にもやっぱり厳しい」と柳原さん。

「なので最近は、むやみやたらな資格取得や転職、海外への自分探しなどに走らないよう己の感情をコントロールしつつ、貯蓄も含め老後のプランを日々真剣に考えています」

「これでいいのか?」と人生に疑問を持つのは独身も既婚も一緒だとは思いますが、自分が考え抜いて選んだ道を悔いなくまっとうしたいものですね……。

https://joshi-spa.jp/904254

sakamobi
sakamobi

自分の人生だからね、自分の思うように生きれば良いと思うよ😅😅😅

コメント