【画像あり】【悲報】水溜りボンド、アバンティーズの生き残りの前で溺れるドッキリを仕掛け大炎上

スポンサーリンク

水難事故の関係者前で「溺れたフリ」 YouTuberドッキリに「無神経すぎる」批判続出→配慮欠けたと謝罪

スポンサーリンク

人気2人組ユーチューバーグループ「水溜りボンド」のメンバーが、無人島生活の企画で溺れるようなそぶりを見せる場面があり、批判が相次いでこのシーンが削除された。

<問題となった動画。該当のシーンは削除されている>

別のグループ「アバンティーズ」のメンバーも企画に参加していたが、2年前に同グループのエイジさんがサイパンで高波にさらわれて亡くなっていた。水溜りボンドの公式チャンネルでは、「配慮にかけたシーン」があったとして、動画の概要欄で謝罪した。

スポンサーリンク

■浅瀬の岸辺から、「大丈夫か?」「溺れているぞ!」の声

無人島の浅瀬で、水溜りボンドの2人のうち1人が海の中に立っていたときだ。

このメンバーは、急に後ろに倒れて、苦しそうな声を上げた。

岸辺に集まっていた参加者らは、「大丈夫か?」「溺れているぞ!」「ちょっと足使えよ」と叫ぶ。アバンティーズとは別の参加グループ「コムドット」メンバーは、同グループの別のメンバーに助けに行くよう促した。

このコムドットメンバーは、上着を脱いで、岸辺から泳ぎ始め、溺れているそぶりをした水溜りボンドメンバーに近づく。すると、水溜りボンドメンバーは、「大丈夫だった、ごめん」と言って、海の中に立って岸辺へ歩き始め…。

スポンサーリンク

このシーンは、水溜りボンドのチャンネルで2021年4月3日に公開された動画「【まさかの展開】大物YouTuberから貰ったものだけで無人島生活してたらヤバイこと起きたwww【二日目】」にあった。

無人島生活の企画は、はじめしゃちょーら人気ユーチューバー7組から1品ずつもらって、それらと水を持ち込んでどれだけ生活できるかを試すもの。動画は、2日目の様子を伝えていた。

「不快な気持ちにさせてしまい誠に申し訳ありません」
この動画が公開されると、各グループの奮闘ぶりを応援する声のほかに、コメント欄やツイッター上などで、水溜りボンドメンバーが溺れるそぶりをしたことに疑問や批判も寄せられた。

「なんでやったんだろ」「無神経すぎる」「誰の前でこのノリやってるかもう一度考えろ」「かわいそすぎるし不謹慎」といった書き込みが相次いでいる。

スポンサーリンク

こうした反応を受けてか、動画の概要欄には、次のようなコメントがアップされた。

「この動画において、見てくださった方が楽しめない配慮にかけたシーンがありましたので一部カットさせて頂きました。貴重なご意見ありがとうございます。不快な気持ちにさせてしまい誠に申し訳ありませんでした」

その後も、水溜りボンドのメンバーらが、動画のシーンについて、視聴者に説明や謝罪をするべきだとの声が出て、不満もくすぶっている。

J-CASTニュースでは、水溜りボンドの所属事務所UUUMの広報担当者にも取材を申し込んだが、4月12日夕までに回答は得られなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6faf9c2570868773f05dbf52acf2c24c69e718a0

スポンサーリンク

メイウェザーブチ切れやろ

スポンサーリンク

アバンティーズってのがまだ存在してたことに草

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ファンも頭悪すぎて草😂😂😂

コメント