sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】小林麻央さん、実は90%の確率で生存出来ていた

   

【悲報】小林麻央さん、実は90%の確率で生存出来ていた

週刊新潮「海老蔵」は三度過ちを犯した!
「小林麻央」の命を奪った忌わしき「民間療法」

【新潮記事 まとめ】

2014年2月
しこりが見つかる
虎ノ門は白黒はっきりしないので3ヵ月後にまた来てください、と言ったが
麻央は8ヵ月後 の2014年10月に受診

2014年10月 生検 →癌だと診断
この段階で治療に取りかかれば5年生存率は90%超。虎ノ門は標準治療を勧める
→麻央さん側は首を縦に振らなかった

(空白の1年4ヵ月 …気功などの民間療法で治療していた期間)

・2016年2月 聖路加病院に移る
聖路加病院「気功療法というか、全く療法にならないことを続けたせいで、瀕死の状態でした。
リンパ腺が瘤のように腫れあがっていたのです」

それでも手術には至らず
聖路加病院「医師と夫婦側のコミュニケーションが不調で手術にまで至らなかった」

2016年6月9日 スポーツ報知が小林麻央の癌をスクープ、これを受けて海老蔵が会見、癌だと告白

癌は早期発見・早期治療が大事なのに、早期発見できたものの長期にわたってドクターショッピング&意味不明な民間療法をしてしまい手遅れになったという記事

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康