【衝撃】DMM「電子書籍70%オフ!」→話題になりすぎて60億円の赤字 担当者「辞表書くしかないな、と」

スポンサーリンク

60億円の損害を出した「DMMブックス」70%OFFキャンペーン早期終了の裏側を責任者と会長に聞いた。

スポンサーリンク

3月25日『DMMブックス』では、初回購入に限って70%OFFになるキャンペーンを行いました。その結果、上限の100冊まで購入する人が続出。社会現象と呼べるほど拡散しました。想定以上の大反響を踏まえ、当初の予定を大幅に前倒しして終了。DMMの歴史のなかでも最大級のインパクトを残す赤字施策となりました。その顛末と本音を、会長の亀山と電子書籍事業部 部長の細山田に迫ります。

スポンサーリンク

予想外の購入で赤字が毎時間 膨れあがっていく

『DMMブックス』の「初回購入70%OFFキャンペーン」は3月25日にスタート。6月30日終了の予定でしたが、あまりの反響の大きさに4月12日に前倒しで終了。クーポンを利用したユーザーからは大好評でしたが、割引分を負担したDMMは、このキャンペーンだけでおよそ60億円の赤字を出す結果となりました。

細山田「本当に反省しかありません。反省すれば済むレベルでもないと思っています。普通の会社が何社か吹き飛ぶ規模ですから」

亀山「いや、本音を言うと、金額の大きさにはびっくりしたよ(笑)」

細山田「本当に申し訳ないです」

亀山「広告費の判断は事業部ごとに任せていたけど、赤字が60億くらいになっていたからね」

スポンサーリンク

キャンペーンがスタートした時点では反響がなく、ほとんど無風状態。ところが、4月4日のいくつかのツイートをきっかけに反響が広がっていきました。その中で、上限100冊を購入する人が拡大しました。

バズったことでメディアが取り上げ、さらに拡散。「マイナビニュース」「ねとらぼ」「ITmedia NEWS」「INTERNET Watch」などがさまざまな角度から70%OFFのキャンペーンを紹介し、相乗的に反響が広がりました。

細山田「最初は反響があって喜んでいたのですが、まさか上限の100冊を全部購入する人がそんなに出てくるとは予想していなくて、そのまま続けると会社全体にダメージを与えかねないレベルになってしまいました。試算し直した結果、早めに打ち切るしかない状況になりました。夜中に、数字見ながら、辞表書くしかないな、と」

スポンサーリンク

亀山「俺は、別に最初から、辞めさせる気は全くなかったよ」

細山田「具体的な反省点はいくつかあります。まずは、過去のデータにとらわれてしまった点。実は最大リスクは計算できたんです。期間設定も含めてきちんと想定していれば、条件次第で早期終了の可能性があることを最初からユーザーに伝えられたはずなんです」

「故意にやったか、ただの失敗かは全く別モノ」

細山田「実は、今回前向きな気持ちに切り替えられたのは、キャンペーンの顛末をまとめて会長に報告した際のことでした。起きてしまったことは仕方がない。もちろん、失敗したならきちんと反省はすべきだが、一旦忘れて次の一手を考えろ、と」

亀山「クヨクヨしてても、しょうがない。高くついたとしても、新規会員が増えたのは間違いないんだから、その会員に対して何ができるか、どう活用するかを考えて努力してほしいんだよね」

スポンサーリンク

「金額の大きさではなく、その人間の行動で評価する」

細山田「どうやって、60億円の責任を取れば良いんだ、とかばかり考えて落ち込んでいました」

亀山「今回の件に限らず、俺は、現場に権限を与えて、予算や経営方針を一任しているわけだから、失敗したら失敗したというだけのこと」

細山田「でも失敗の規模が違うので。。。」

亀山「俺が、いちばん大切なのは、信用できる人間に任せるということ。今回の件はわざとやったわけではないので、不正ではない。

失敗を、最速で報告に来た時点で、隠蔽をしなかったということ。だからこれまでと同じく信用はできると思った。報告が遅れたり、言いにくいことを言わなかったりしたら、俺は烈火のごとく怒るよ。それに、その人間を二度とつかわない。

スポンサーリンク

もちろん、金額の面では大きかった。でも、俺は、金額の大小の問題ではなく、その人間の行動で評価する。同じ損害でも、単なるミスなのか故意なのかによって、評価は大きく変わるよ」

細山田「ありがとうございます」
亀山「細山田は過去の実績もある。期待に応えていくつか成功してきたので、今回の失敗だけを見て評価はしない。ただし、”同じ失敗をくり返すな” とは言いたい。”一度の失敗を二度の成功で補え” ってことかな。対策があるとも聞いてるし、今後に期待してるよ〜」

電子書籍の業界2位を目指し、『DMMブックス』の成長は加速する

細山田「今回は、会長や他の役員の皆さんからも、信頼をもらって、精神的に安定しました。

私は、DMMの電子書籍事業が今後も成長を続けるためには、新規の会員も増やす必要があると強く思っていました。そのために、認知を拡大するためには定着しやすい名前に変えたほうがいいということで、サービス名とアプリ名を統一して『DMM電子書籍』から『DMMブックス』に変えることにしました。そして同時に、これまでの “50%OFF100冊” よりも高い効果が期待できる ”70%OFF100冊” を実施し大失態を犯したわけです。

スポンサーリンク

でも、『App Store』のカテゴリ内でダウンロード数が1位になったり、想定していたより新規ユーザーが増えたという事実もあります。

成長に向けて今までやってきた『DMMブックス』の圧倒的なキャンペーン施策をやめるつもりはありません。単なる宣伝などとは違い、キャンペーンはユーザーにもメリットがありますし、お得に感じてもらえる施策は継続していきます。

でも、今回の反省をちゃんと生かし、関係者の皆様にも喜んでいただけるようなキャンペーンにして、成長に向けてスピードをどんどん上げていくつもりです。

目指しているのは業界1位。近未来で、まずは業界2位になるのがミッションです。ここから巻き返していくので、どうか楽しみにしててください」

https://inside.dmm.com/entry/2021/07/01/dmm-books

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ツイッターで盛り上がってたしな😅😅😅

コメント