【動画あり】ディズニーシーの転売ヤー、午前3時に数百人が全力疾走!想像の10倍はすごい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【仰天】転売ヤーか“フェイク赤ちゃん”動員…ディズニー「新グッズ」目当て長蛇の列

7日午前3時半ごろ、何十人もの人々が競争するかのようにダッシュをしています。

スポンサーリンク

■新グッズ求め…開園前に長蛇の列

撮影者:「まじで、運動会じゃん」

「東京ディズニーシー」の開園時間は午前9時にもかかわらず、その5時間半前に入り口のゲートへと走っているのです。その目的は…。

撮影者:「ディズニーシーで、新しいグッズの発売日だった。ショップのスタンバイパス(整理券)を取得すること(が目的か)」

スポンサーリンク

7日は、人気キャラクター「ダッフィー」などの新グッズ発売日。なんと、土産店に入るための整理券を手に入れようと、開園前の広場に、多くの人が長蛇の列を作ったのです。

お目当ての新商品は「お1人様1点限り」。ところが…。

来園者:「販売されている店の前には、かなりのグッズを袋に入れた方が座っていた。ほとんど中華圏の言葉を話している方ばかり。交代で、何回も購入しているのではないか。転売の方ではないか」

スポンサーリンク

■転売ヤーか“フェイク赤ちゃん”動員

中には、驚愕(きょうがく)の方法で、一つでも多くの新グッズを購入しようとする人もいたといいます。

来園者:「ベビーカーに『赤ちゃんもどき』、“フェイク赤ちゃん”という人形を、私の赤ちゃんだといって、その赤ちゃんの分を買うんだという、余分に購入されているという方もいるようです」

ベビーカーに乗せていたのはなんと、赤ん坊の人形。つまり“フェイク赤ちゃん”を用意して、自分と赤ちゃんの分を購入しようとした人物がいたというのです。

スポンサーリンク

■フリマサイトで…価格約3倍に

最終的に店員が声を掛け、人形だと発覚しました。なぜ、そこまでして、1つでも多くの新グッズを購入しようとするのでしょうか?

番組がフリマサイトを確認すると、定価2200円の「ぬいぐるみバッジ」が8222円で売り切れ。価格は3.7倍になっていました。

4個セットでおよそ2万4000円と、やはり3倍ほどの値段で取引されています。

スポンサーリンク

しかも、商品の説明欄には、「本日4月7日インパークしております。出品していないグッズも在庫確認のうえ、お譲り可能です」と記載されています。

つまり、連絡をもらえば、その場で商品を購入し送るというのです。もちろん、こちらも定価より高値での取引です。

来園者:「販売されたぬいぐるみなどのグッズは、残念ながら、購入できていない。自分のためでなく、転売のために買っている方が多いとなると、本当に好きで来ている人には、悲しい気持ち。憤り通りを通り越して、悲しい」

東京ディズニーシー「新グッズ」求め開園5時間半前に長蛇の列 - ライブドアニュース
7日、東京ディズニーシーでダッフィーなどの新グッズが発売された。開園の5時間半前には多くの人がゲートへと走り、長蛇の列を作ったという。新商品は1人1点限りで、人々の目的はショップの整理券の取得のようだ
スポンサーリンク

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

現場でバズらせて転売屋に買わせたあとにネットで再販が今の流れだな😂😂😂

コメント