【悲報】米国人「ディズニーで並ばなくていい方法を共有するよ!障がい者を雇い家族のフリをするんだ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

米ニュースサイト「New York Post」によると、マンハッタン在住の富裕層のママたちは、フロリダ州のディズニー・ワールドで “行列に並ばなくてもいい方法” を知っているみたいなの。その方法とは、ハンディキャップを持つツアーガイドを雇い、さも家族の一員のようなフリをして行列を飛ばすこと。

ディズニー・ワールドでは、車いすの必要なゲストがグループにいる場合、6名まで優先ルートでアトラクションに案内してもらうことができるそう。この富裕層のママたちが使った方法は、そんなディズニーのサービスを逆手にとったものなのです。

スポンサーリンク

実際に、「ドリーム・ツアーズ」という旅行会社をとおして、ハンディキャップを持つツアーガイドを雇った女性は、「私の娘は待ち時間1分で『イッツ・ア・スモール・ワールド』に乗れた。ほかの子どもたちの待ち時間は2時間30分だったわ」と話します。また、「これは1%(の富裕層)がディズニー・ワールドで使う手よ」とも。

ハンディキャップを持つツアーガイドを雇う料金は、1時間130ドル(約1万3000円)、1日8時間1040ドル(約10万4000円)だといいます。長蛇の列に並んでいる間の時間と、優先ルートを通ってすいすいとアトラクションに乗り込める優越感をお金で買うといったところでしょうか。

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

倫理観終わってて草😰😰😰

コメント