【結婚】デヴィ夫人、男性も納得の婚活論を語る「モテる女は・・・」

スポンサーリンク

デヴィ夫人の婚活論「モテるのは美人より女っぽい女」

スポンサーリンク

モテるのは美人より女っぽい女
インドネシアの夕暮れ時。ワンちゃんと抱きかかえながらインコを眺めるデヴィ夫人

“美人=モテる”というのは世間の常識かと思いきや・・・、デヴィ夫人の分析では、それよりもっとモテる女性の特徴があるそう! 今回はそのモテる女の特徴に迫ってみました。美人ばかりが素敵な男性を独占するのではないから、私たちにもチャンスは巡ってくるはず! 今回もしっかり読みこんで、どんな女性になるべきかをデヴィ夫人から学んでいきましょう。

スポンサーリンク

美貌より大切なのは“女性らしさ”
みなさま、ごきげんよう。
デヴィ・スカルノでございます。

婚活中の女性の中に「私なんて美人じゃないから」なんて嘆いている人はいないかしら?
美人か美人じゃないか。そんなことで男性は“一生連れ添おう”“一生大切にしよう”という女性を選ぶことはありません。

スポンサーリンク

今までのわたくしの経験から、これは断言できます。 美しさよりも大切なのは『女らしさ』。
どこかに『女らしさ』のある女性は、絶対にモテます!

男性は女性に『女らしさ』を感じていたいの。だから、メイクやファッション、そしてヘアスタイルも、婚活のためには『女っぽさ』が大切。そのポイントさえ押さえておけば、もう悩むことはございません。

スポンサーリンク

男が引く“女の強さ”
これだけは男性に見せてはいけない女性の部分があることをご存知かしら?
それは“女の強さ”です。

「この人のことを守ってあげたい」。そう男性に思わせることが何よりも大切。だから男性の前では、多少、弱々しい女性を演じてみるのが良いわね。わたくしなんてパリの社交界では、“デヴィは触れたら壊れてしまう”、こう思われていたぐらいでございました。当時のみなさまがわたくしが出演するバラエティ番組をご覧になったら、さぞかし驚かれることでしょうね(笑)。

スポンサーリンク

不思議と男性って“女の強さ”を見た瞬間、他の弱い女性のところへ行ってしまうものなの。仕事でがむしゃらに働いているところを見せてしまう。“収入があるから私は何でも買えるわ”、“時間は全部自分のものよ”。こんな部分を男性に見せてしまったら、「あ、この女は自分なしでも生きていける」と、引いてしまうのよ。だから、経済的にも精神的にも独立しているキャリアウーマンは危ないわね。それに独身が長い女性って、何でも自分でこなしてしまうじゃない。

もちろん女性がバリバリ働くことは素敵なことよ。でも、どんなに自立しているとしても、男性の前では“可愛い女”を積極的に見せる努力が必要ね。

スポンサーリンク

例えば、男性と二人で食事に行くとするじゃない。メニューを決めたら「私は○○にするわ」って彼に言うの。決して自分でウエイターに手を上げてオーダーしたり、自分から直接メニューを伝えたりしてはダメ! 男性にメニューを伝えて、男性にオーダーをさせるのよ。

小さいことだとお思いかもしれないけど、男性はこういう部分に敏感なの。とにかく一緒にいるときは、男性を立ててあげることが大切! 前にもお伝えいたしましたが、“男性を王様の気分にして差し上げる”。この気持ちを心に留めておくことね。

スポンサーリンク

俺がいないとダメなんだ
男性と一緒にいるときに「ああ、この子は俺がいないとダメなんだ」って思わせることができたら、たとえ経済的に独立していようがこっちのモノ。あとは、キャリアや知識のある女性は、ちょっと実践するのに抵抗があるかもしれませんが 、何でも分かっていても、男性の前では知らないフリをするものよ。

「これってどうやるのかしら?」「あなたが教えてくれるまで知らなかったわ」分かっていても、あえて男性に聞いて説明させてみるの。“こんな事とっくに知っているわ”こう心の中で呟いてもよろしいんじゃない(笑) 。

スポンサーリンク

男性はあなたに自分の知識を教えたことで、機嫌が良くなる。こういう小さいことを積み重ねていくことが、何よりも大切なのでございます。バカバカしいなんて思った人はいらっしゃるかしら? あら、こんなことは選ばれる女は真剣にみなさんやっていることですわ。わたくしぐらいのレベルになると、相手の男性がどんなに得意げに説明するのかしら? なんて思いながら楽しんでやっておりますわ。これから婚活をなさるみなさまには本気で取り組んでいただかないとね。

スポンサーリンク

「どうしたら男性から選ばれるのか」という視点
何度もお伝えしていますように、 あなたが男性を選ぶのではないのですよ。あなたが男性から選ばれるのです。そのためには……

『どうしたら男性から選ばれるのか』
常にこの視点で男性に接するクセをつけるのがよろしいんじゃないかしら。女性に生まれたからには、男性に選ばれないと。永遠に選ばれ続ける人生のほうが得だと思いません? だって、そのほうが絶対に毎日が楽しいのですから。

スポンサーリンク

特に美貌にあぐらをかいている女性は危険ですよ! 若さと美貌は歳を取ったら、あなたから無くなり去ってしまいますが、 そのかわり、歳を重ねても知性や女っぽさはあなたから逃げません。

男性の前では常に“可愛げのある女”でいること。このことをしっかり理解していれば、あなたは生涯男性から大切にしてもらえるわ。みなさま、これからの人生でとてもためになることだから、しっかりと覚えておいてくださいね!

では、今日はここで失礼いたします。
みなさま、ごきげんよう。

スポンサーリンク

デヴィ・スカルノ
19歳でインドネシアに渡り、22歳でインドネシアの初代大統領スカルノ氏と結婚。日本人で海外の国家元首の妻になったたったひとりの女性。大統領が亡くなった後はパリへ拠点を移し、社交界では『東洋の真珠』とうたわれ、デヴィ婦人の愛称で親しまれる。華麗な経歴、そして浮世離れした存在感として講演、コメンテーター、バラエティー、他TV番組等多様に展開。また地球規模で慈善活動を行っている。

スポンサーリンク

日本人でただ一人、海外の大統領の妻になったデヴィ夫人
昭和・平成を駆け抜けた最強のレディ・デヴィ夫人。
誰もがハッとするような美貌を持ち、持ち前の運の強さで偶然に大統領夫人に選ばれたと思われがちですが……実は、デヴィ夫人自らが、アイディアとモテ技を駆使して引き寄せた、国を超えたロマンスなのです。
「どうやったら素敵な男性に出会えるの?」「ハイスペックの男性から愛される秘密は?」そんな女性からの質問にすべてお答えします!

スポンサーリンク

第1章では、「デヴィ夫人の華麗なる激動の人生」と題し、貧しい生い立ちからインドネシアの大統領夫人、パリの社交界、そして日本での芸能活動までを回想。
第2章では、with onlineの人気連載で特に人気のエピソードを抜粋。
書籍にはデヴィ夫人の美貌あふれる未公開写真も満載!

https://news.yahoo.co.jp/articles/08327ddf3830e717a64e1c05ff51116a29d7031f?page=1

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

この意見に反発するやつは間違いなくモテないやつ😂😂😂

コメント