【ラグビーW杯】電通の局長、大学生の警備員バイトに注意受け切れて暴行容疑…現場にいた警官に取り押さえられる

スポンサーリンク

電通局長、W杯警備の大学生に注意されたたく…暴行容疑逮捕後釈放

スポンサーリンク

ラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場で警備員をたたいたとして、神奈川県警港北署は13日、大手広告会社「電通」の吉野純新聞局長(51)(東京都港区三田)を暴行の疑いで現行犯逮捕した。横浜地検は15日、勾留請求せず、吉野局長を釈放した。

スポンサーリンク

発表によると、吉野局長は13日午後10時15分頃、ラグビーW杯の日本対スコットランド戦が行われた横浜国際総合競技場(横浜市港北区)敷地内で、警備員のアルバイトをしていた大学3年の男子学生(21)の左頬を右手で1回たたいた疑い。現場近くにいた警察官がその場で取り押さえた。

スポンサーリンク

吉野局長はW杯の観戦の帰りで、会場で酒を飲んでいた。観客誘導用の柵をずらして前の人を追い抜こうとした際、警備員に注意されて腹を立てたという。電通は、今大会の市場調査などを担当している。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20191015-OYT1T50032/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

>観客誘導用の柵をずらして前の人を追い抜こうとした際、警備員に注意されて腹を立てた

ドクズやな😤😤😤

コメント