【画像あり】【悲報】会計検査院「こら電通、いい加減にしろよ。9次下請けまで使ってピンハネしやがって」

スポンサーリンク

持続化給付金 97%が再委託 国の確認不足が問題に 会計検査院報告

スポンサーリンク

経済産業省中小企業庁の持続化給付金事業で再委託や外注が繰り返された問題を巡り、会計検査院は5日に公表した2020年度決算検査報告で、事業の実施状況に関し同庁による「確認が十分にできていなかった」と指摘した。事業の元請けから業務が再委託された比率は97%に上り、「再委託比率が大幅に高くなる場合は、妥当性を十分に検証し結果を記録に残すこと」と同省などに業務の改善を求めた。

スポンサーリンク

◆下請けは最大9次にも
この事業では、コロナ禍で打撃を受けた中小企業などに最大200万円が支給された。同庁は契約時の昨年4月、一般社団法人「サービスデザイン推進協議会(サ協)」に769億円で事業を委託。サ協はそのうち749億円を電通に再委託し、電通は645億円分をさらに外注するようそれぞれ契約を結んだ。外注は繰り返され、下請けは最大9次に及んだ。

スポンサーリンク

経産省は内規で再委託比率を5割以内とし、5割を超える際には事業者に理由書の提出を求めている。報告書によると、サ協の提案書に再委託比率の記述はなく、同庁も再委託の必要性を検討した記録を作成していなかった。

スポンサーリンク

検査院は事業の委託先を決める手続きの不透明さも問題視。同庁は入札前、サ協など二者に自ら事業の概要を説明していたが、同様の情報を公表していなかった。検査院は、再委託の慎重な承認手続きのほか、事業者間の公平な競争や手続きの透明性を確保するよう求めた。指摘について経産省は「業務の根幹部分を再委託していないかどうかの確認を現在は徹底している」などと取材に回答した。

持続化給付金 97%が再委託 国の確認不足が問題に 会計検査院報告:東京新聞 TOKYO Web
経済産業省中小企業庁の持続化給付金事業で再委託や外注が繰り返された問題を巡り、会計検査院は5日に公表した2020年度決算検査報告で、事...
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これもはや犯罪だろ😡😡😡

コメント