「陰茎への電気ショック」で早漏が治り持久力が40秒から5分になったとの医学的事例が報告される

スポンサーリンク

「陰茎への電気ショック」で早漏が治り持久力が40秒から5分になったとの医学的事例が報告される

スポンサーリンク

「日本人の成人男性の1300万人、約3.5人に1人が早漏で悩んでいる」との調査結果があるように、射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に短くなる早漏は多くの男性にとって悩みの種です。そんな早漏を、副作用のリスクや治療コストが少ない「陰茎に30分電極を貼り付ける」という治療を行うことで、射精までの時間を約7倍にすることができたと報告されています。

スポンサーリンク

レバノン大学で泌尿器科長を務めるMohamad Moussa氏らの研究チームは、査読付きオープンアクセスジャーナルのAsian Journal of Urologyに掲載された論文の中で、射精障害に悩む28歳の男性患者の治療についての知見を発表しました。研究チームによると、この男性は1年前から女性と関係を持っており、週に2回は性交渉をしているものの、ほぼ毎回40秒以内に射精してしまっていたとのこと。

スポンサーリンク

男性には勃起不全、心血管疾患や神経疾患、またはうつ病を含む主要な精神疾患などは見られませんでしたが、1年間にわたる薬物治療では効果が得られず、局所麻酔薬を使用する治療まで行っても改善しませんでした。

スポンサーリンク

コメント