sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【就活】Huaweiの「初任給40万円」に対抗! 三菱電機、1日単位のインターンシップを導入し優秀な人材獲得を目指す!!!!!

   

【就活】Huaweiの「初任給40万円」に対抗! 三菱電機、1日単位のインターンシップを導入し優秀な人材獲得を目指す!!!!!

電機大手、IT人材の争奪激化 19年度新卒採用 ソニー33%増、東芝2倍以上

電機大手の2019年度に入社する新卒の採用計画が出そろった。ソニーは18年度入社の計画比33%増、東芝は2倍以上と採用増を計画。好業績を追い風に、成長戦略の柱となるモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などの開発を担うIT人材の囲い込みを図る。だが、争奪戦は業種を超えて激しさを増しており、人材確保のハードルは高まっている。

 採用人数が最も多い三菱電機は50人増の1190人(18年10月入社も含む)で採用の6割が理系。ソニーは100人増の400人で8割が理系の採用だ。日立製作所の新卒採用は横ばいだが、即戦力の経験者採用を理系を中心に増やす。今年度中に3000人の人員削減を計画するNECは新卒採用を減らすが、「IT人材の採用は落とさない」考えだ。

各社が理系の採用に意欲的なのは、IoTやAIを用いた付加価値の高い製品やサービスが今後の成長を大きく左右するため、担い手のIT人材が必要だからだ。経済産業省は国内のIT人材が15年時点では約92万人で約17万人不足しており、30年には不足人数が約59万人に拡大すると試算する。

限られたパイを業種を超えて奪い合う構図は鮮明になりつつある。就職情報サイト「リクナビ」によると、中国の通信機器大手、華為技術の日本法人は月給40万円超の初任給で新卒技術者を募集。ヤフーは優れた技術論文を執筆した経験などがあれば、30歳以下の入社希望者に初年度から年収650万円以上を提示する。

 これに対し、電機大手も優秀な人材の獲得に工夫を凝らす。三菱電機は2月に1日単位で仕事を体験できるインターンシップ制度を導入。学生の選択肢を増やし、囲い込みにつなげたい考えだ。だが、電機業界の競争力低下を背景に、学生は以前ほど大手に魅力を感じなくなっているとの指摘もあり、大手といえどIT人材を確保するのは容易ではなさそうだ。

 ■電機大手の2019年度新卒採用計画

採用人数

三菱電機   1190(1140)

パナソニック  900( 800)

富士通     750( 750)

日立製作所   650( 650)

東芝      550( 220)

ソニー     400( 300)

NEC     400( 450)

※大学・大学院・高専卒と高校卒の合計人数。カッコ内は18年度計画

https://www.sankeibiz.jp/business/news/180406/bsb1804060500002-n1.htm

 

ワロタ!給料を上げるって考えはとことん無いんだなw

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット