【画像あり】女さん、デカすぎる乳房(重量10kg)のせいで飛行機を降ろされる

スポンサーリンク

「10キロの胸」のせいで女性が飛行機を降ろされたと抗議

カナダ人アーティストのメアリー・マクダレンが、自分の胸が原因で飛行機に乗せてもらえなかったことを明かした。

スポンサーリンク

女性が飛行機から降ろされる事態が発生
カナダ人アーティストとして活動しているメアリー・マクダレンは、カナダからダラスへ向かう飛行機に搭乗し、着席した直後に飛行機から降ろされるというトラブルにあったことを自身のインスタグラムで告白。

降ろされた理由はヘッドホンをつけていて客室乗務員の指示を聞いていなかったからだそうだが、メアリーはその行動よりも見た目に問題があったと考えている。

メアリーは豊胸手術を受けており、その胸の重量はなんと約10キロ(22ポンド)。その大きな胸をスポーツブラで隠すことが出来ていないことが理由で、飛行機から降ろされたとメアリーは思っている。

スポンサーリンク

航空会社には服装に関する規定があり、不適切かどうかの判断は対応にあたった係員や客室乗務員の主観に委ねられているが、2019年には英Maxim誌が選ぶ「世界一ホットな女性」にも選出されたモデルのオリヴィア・カルポがスポーツブラとバイカーショーツにカーディガンを合わせたスタイルが“不適切”だとして航空会社の職員から注意を受けて、本当に悪いのは女性側ではなくスポーティーな格好をしているだけで“性的”だとみてくる方にあるのではと大きな議論を読んだ。

スポンサーリンク

メアリーの場合は、外見に対する注意があったわけではなく、客席乗務員の指示を聞いていなかったからという理由で搭乗を拒否されたというが、メアリーは外見が原因だったとみているよう。

ちなみにメアリーは無事にカナダからアメリカに入国することができたようだが、自分を飛行機から下ろした航空会社を訴えるとインスタグラムで明かした。

「10キロの胸」のせいで女性が飛行機を降ろされたと抗議 - フロントロウ -海外セレブ&海外カルチャー情報を発信
カナダ人アーティストのメアリー・マクダレンが、自分の胸が原因で飛行機に乗せてもらえなかったことを明かした。(フロントロウ編集部)
スポンサーリンク

コメント