【朗報】人をデブにさせる「デブウイルス」感染を防ぐワクチン爆誕! 肥満の3割は感染が原因!

ダイエットしているのに一向に痩せる気配がないと訴える人々がいる。どうせ隠れて食べているのだろうと疑われるのも仕方ないが、どうやら感染すると太ってしまう“デブウイルス”が存在するという。感染してしまえば、当然、なかなか痩せられない。

■“デブウイルス”のアデノウイルス36とは

これまでと変わらない食事をしているのに、感染するとブクブクと太りはじめるウイルスがあるという。その恐怖のウイルスがアデノウイルス36(Adenovirus 36)である。

アデノウイルス36の発見自体は30年前にさかのぼる。インド人のニクヒル・ドゥランダー医師がインドで発生したニワトリ大量死を調べたところ、死んだニワトリがいずれも妙に太っていることを変に思い、詳しく検査したところ、このアデノウイルス36が発見されたのである。

ある研究では肥満の人の少なくとも30%がこのアデノウイルス36に感染しているという。一方で肥満ではない人の感染率は11%にとどまるという。アデノウイルス36をサルに感染させたころ、体重が15%増加したことも確認されている。

アデノウイルス36は脂肪細胞を刺激するばかりでなく炎症を引き起こし、その一方で脂肪細胞の死滅を防ぐ働きもしており、結果的に脂肪が積み重なってしまうということだ。

また別の研究では乳がんの女性80人のうち、肥満の人の80%がアデノウイルス36に感染しているということで、がんとの関連性も高いことが疑われている。ちなみに乳がんで標準体重の人でも感染率は20%とやや高い。

感染経路としては風邪との合併症や目の感染症、腸管感染などとの関係が高いと考えられえいる。

イギリスはヨーロッパ各国の中でも特に肥満が社会問題化しており、国民の27%が肥満で36%が太り気味である。アデノウイルス36の蔓延は何としてでも防がなければならないのだ。

■「このワクチンは多くの命を救う」

しかし明るい話題もある。米マサチューセッツ大学のウィルモア・ウェブレイ医師が乳がん患者を対象に行った研究でアデノウイルス36のワクチンが開発可能であることが報告されている。呼吸器疾患を伴うアデノウイルス36の感染に対して、米軍内ではすでにワクチンが使われているということだ。

また米ウィスコンシン大学の名誉教授でもあるリチャード・アトキンソン医師は一足先にアデノウイルス36のワクチンの特許を取得しているという。しかしながらあまり注目を集めておらず、今のところは製品化に向けた投資が集まらないということである。アトキンソン医師によれば、韓国でこのワクチンを使った動物実験が行われており、実際にワクチンが脂肪細胞へのアデノウイルス36の感染を防いでいることが確かめられたということだ。

そしてアトキンソン医師は、ワクチンを子ども時代に接種することでその後の人生の肥満リスクが大幅に低下することを主張している。さらに肥満が原因の疾病により毎年世界で数百万単位が亡くなっていることに鑑みれば、このワクチンは結果的にきわめて多くの命を救うものになると主張している。

一部の専門家からはワクチンの効果を疑う声も上がってはいるのだが、いすれにしても検証を重ねていくことで徐々に効果が確かめられてくるだろう。

しかしながらワクチンの登場を期待する前に、肥満につながらない適切な食習慣と運動習慣を持つことが最も重要であることは言うまでもない。最近はあらゆる料理が簡単に注文できて、すぐにデリバリーされるUber Eatsの利用者も増えているが、くれぐれも“飽食の時代”の波に溺れることがないようにしたいものだ。

人をデブにさせる「デブウイルス」感染を防ぐワクチン爆誕! 肥満の3割は感染が原因! - TOCANA
ダイエットしているのに一向に痩せる気配がないと訴える人々がいる。どうせ隠れて食べているのだろうと疑われるのも仕方ないが、どうやら感染すると太ってしまう“デブウイルス”が存在するという。感染してしまえば、当然、なかなか痩せられない。■“デブウイルス”のアデノウイルス36とは これまでと変わらない...

 

よっしゃ!つぎはハゲや、ハゲウイルスを防ぐワクチンをはよ!(;゚Д゚)

コメント