【悲報】試合中にデットボールを受け高2野球部員が死亡…これ投手も悲惨だな

 熊本県警熊本南署は、県立熊本西高校(熊本市西区)の硬式野球部員で普通科2年の篠田大志さん(16)=同県嘉島町鯰(なまず)=が18日の練習中に頭部に死球を受け、19日に死亡したと発表した。

同署や学校によると、篠田さんは18日午後1時40分ごろ、熊本西高のグラウンドで他校との練習試合中に頭部に死球を受けた。「痛い」と叫んで倒れ、意識がもうろうとしていたため、心臓マッサージを受けながら救急搬送され治療を受けていたが、19日午前9時半過ぎに死亡した。死因は外傷性くも膜下出血だったという。ヘルメットは着用していた。

同校野球部は来春の第91回選抜高校野球大会に出場する「21世紀枠」の熊本県推薦校に選ばれている。

高校野球:練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡 - 毎日新聞
 熊本県警熊本南署は、県立熊本西高校(熊本市西区)の硬式野球部員で普通科2年の篠田大志さん(16)=同県嘉島町=が18日の練習中に頭部に死球を受け、19日に死亡したと発表した。

 

ヘルメットは着用していたようだが当たりどころが悪かったのかな。人間の頭部って前からの衝撃には強くても横は結構弱いからね(;´Д`)

コメント